AOU2006アミューズメント・エキスポ

06年2月19日更新

2月17日〜18日(17日は業者招待日)10:00〜17:00 幕張メッセ 1・2・3号館


画像はクリックすると、拡大画像が表示されます。

◆コナミ

■DanceDance Revolution SuperNOVA

約3年ぶりとなるDDRの最新作になります。収録曲が300曲以上、e-AMUSEMENT PASS対応と、進化した形で戻ってきました。筐体にあるプロデュース名を見ると、「太田プロデューサー」の名前が入っています。

今回のバージョンの収録曲ですが、おそらくすでに公開済みの海外版とほぼ同じではないかと思われます(ざっと確認しただけなので、間違いはあるかもしれません)。難易度も、おそらく同じではないかと思われます。例えば「夢幻の光」は、国内版でも「BASIC」は「8」でした。

業者日では2台稼働していました。1台は、旧筐体のコンバージョン。もう1台は、赤色の新筐体です。新筐体には、メモリーカードスロットは最初からついていません。また、e-AMUSEMENT PASSの差し込み口、もしくはかざすところは確認できませんでした。業者日では、2曲プレイ。2曲目での評価次第では、エキストラステージ(Fascination MAXX)に突入します。

モードは、「ALL MUSIC・TUTORIAL・EASY・NORMAL・DIFFICULT」の5つあり、今回は「ALL MUSIC」のみ選択できました。選曲画面でのソート機能は、今回は働いていません。選曲時間は、90秒。左右のどちらかのボタンを押しっぱなしで、スクロールが早くなります。スタートボタンを押しっぱなしで、オプション画面に入れます。

■beatmania IIDX13 DistortD

こちらも2台出展。新筐体のようで、足下のステージが「13」の新しいものになっていました。カードリーダーも、e-AMUSEMENT PASS対応のものになっていて、テンキーとPASS挿入口があります。タイトル画面のバージョン表記を見ると、「AOU2006」のようなことが表記されていましたが、ほぼ製品版に近い形ではないでしょうか。収録曲も大幅に増え、ムービーも増えていました。プロデュース名を見ると、こちらも「太田プロデューサー」の名前が入っていました。

フリーモードとビギナーモードが選択可能で、業者日では2曲プレイできました。「DistortD」のカテゴリーをみると、「40」となっていましたので、デフォルトで40曲収録されています。

ロケテ時の汎用ムービーは、新しいものに差し替えられていました。「Melody Life」は、Noria本人が出演しているムービーになっていましたし、「INFERNO」は、星野奏子本人が出演のムービー(アルカディアで少し載っていたもの)になっていました。

ロケテ時で削除されていた「TEXTURE(REDの曲)」が復活していました。他の削除曲は確認していないので、わかりません。今回のバージョンは、選曲時間は30秒しかないので確認するのは大変です。

■ポップンミュージック14 フィーバー!

基本的に、ロケテバージョンと変わりません。業者日では2曲設定、1ステージから新曲のEXが選択できます。ピンク色の新筐体が2台出展されていました。

※音ゲーブースは、撮影禁止です。なお一般公開日は、DDR以外は1台のみ稼働。さらに1ステージのみ。BEMANIトップランカー決定戦があった関係で、ポップンやIIDXの筐体が使用されていたためです。

  

外観ですが、音ゲーブースはこんな感じです(一番左は、業者日の様子)。
真ん中と右側は、一般公開日です。開場してからわずか数分で、いっぱいになりました。

■ゲーセン留学(仮称)

コナミの隠し球です。英会話スクール「NOVA」とのコラボレーションで実現したゲームです。モードは「カンタン査定」「トレーニング」「全国テスト」の3種類ありますが、今回は「カンタン査定」のみ選択できました。ゲームは、大きく3つのカテゴリーで進められます。

まず、英単語の知識を問う「ボギャブラリ」。2種類のゲームが用意されていて、ランダムでどちらかのゲームになるそうです。ひとつは「風船割り」。画面をタッチして風船を割り、その中に隠された英単語を見て、4択から正しいものを選びます。もうひとつは「単語探し」。日本語の単語が表示されていて、その英単語がパネルの中に隠されていますので、それを探します。

2つめのカテゴリーは、「リスニング」。ここでは、3つ用意されているヒントを聴き、それに見合う単語を選ぶ問題です。ヒントはもちろん、英語でしゃべります。

最後のカテゴリーは、「カルチャークイズ」。アメリカなど、他の国の文化に関するクイズです。4択形式です。

すべてのゲームが終了すると、リザルト画面で評価が表示されます。

「e-AMUSEMENT」対応で、筐体の右側には「e-AMUSEMENT PASS」をかざす部分がついています。操作はタッチパネル形式です。

 

■BASEBALL HEROES POWER UP VERSION

2005年のペナント終了時を反映した新規カードを加え、パワーアップしての登場です。新規カード120種類を追加し、総数は600以上になります。

■コナミその他

 

麻雀格闘倶楽部は、今回もプロ雀士を招いての対戦がイベントで行われていました。
ウイニングイレブン2006は、今回が正式なお披露目ですね。

海外ではすでにお披露目済みの『COOPer's9』。
ゲーム中のメッセージは日本語に訳されていましたが、仕様は海外版のため、
まだ変更があるかもしれません。

  

今後リリースされるプライス品も出展されていました。

メダルゲーム『グランドクロス』は、そのデカサにただ圧倒です。
ジャックポット時のメダル払い出しは、スゴイ迫力でした。

◆AMI(ケイブ)

1月にロケテストを実施した『ピンクスゥイーツ〜鋳薔薇それから〜』を全面的に押し出しての出展でした。ピンク色のコスチュームをきたレイヤーさんが、薔薇を配っていたり、プレイした人にペンダントをかけていました(一般公開日は、プレイしなくてもペンダントをもらえた)。このゲームのテーマソングがブース内に流れていまして、耳に残る印象的な曲でした。また一般公開日限定だと思われますが、このゲームのプロモーションムービーとして、会場にいたレイヤーさんが出演しているムービーが流れていました。全部見たわけではありませんが、テーマ通り「エロカワイイ」を出しているムービーだと思います。

 

◆タイトー

オンラインガンシューティング『ハーフライフ2 サバイバー』がメインと思われますが、インパクトとしては参考出展されていた女の子カードゲームに目がいきました。かねてから噂のあったリカちゃんのゲームで、『キラキラアイドルリカちゃん』です。筐体は、3つのボタンがついていて、リズムに合わせてボタンを叩くゲームのようです。カードも展示されていました。

映像出展されていた『チェイスH.Q. ナンシーより緊急連絡』を見られなかったのは、少々残念・・・。

『オシャレ魔女』のライバルになるでしょうか?

 

タイトーの新筐体が出展されていました。高画質デモ映像を流していたり、
この筐体を使って『式神の城III』が出展されていました。

◆セガ

『バーチャファイター5』がメインと思われますがロケテスト同様、正直あんまり盛り上がっていないような気がしました。業者日・一般公開日とも、それほどでもないというのが正直なところです。むしろ、映像出展されていた『三国志大戦2』のほうに注目がいっていたのではないでしょうか。

既報通り「像兵」が追加されていたり、新規イラストレーターによるカードデザイン等、メジャーバージョンアップということで追加要素が盛りだくさんです。

 

2枚とも、一般公開日の様子です。
もっと、人がいてもおかしくないのですが?

◆ナムコ

これといった隠し球もなく、おとなしい感じでした。『タイムクライシス4』や『太鼓の達人8』。アーケードで復活の『ソウルキャリバーIII ARCADE EDITION』が人気だったと思います。『太鼓の達人8』は、新たに「ばいそく」といった譜面スピードアップの要素が追加されました。

 

◆その他

 

今回も映像出展だったカプコンの『ウォーオブ ザ グレイル』。
右は、トロのメダルゲーム『どこでもいっしょ〜トロのおさかにゃ釣り〜』です。

 

バンプレストは期待の『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合vs.Z.A.F.T.II』は、
映像出展のみだったそうです。右は、ガッチャピン。人気でした。


トップページ