ジャパンアミューズメントエキスポ2014 JAEPO

2月14日〜15日 幕張メッセ4・5・6ホール

ジャパンアミューズメントエキスポ入場者数(JAEPO2014公式サイトより)

  2014年入場者数 2013年JAEPO
入場者数
2012年AOU
入場者数
2011年AOU
入場者数
2010年AOU
入場者数
招待日 6,318名 8,145名 7,563名 8,305名 8,927名
一般公開日 5,049名 12,435名 9,683名 9,625名 8,495名
合計 11,367名 20,580名 17,246名 17,930名 17,422名


1. 開会式の様子

主催者を代表して、 社団法人日本アミューズメントマシン協会 会長 里見 治氏よりご挨拶ありました。

また、ご来賓のご祝辞として、経済産業省製造産業局産業機械課 課長 須藤 治氏よりご披露ありました。

開会式の締めはテープカットを行い、JAEPOが開幕しました。

  

2. コナミデジタルエンタテインメント

■BEAMNI新機種『ビートストリーム』をお披露目!

  
招待日の出展の様子です

1月にロケテストが行われたBEMANIシリーズ新機種『ビートストリーム』がお披露目されました。新機種ということもあり、招待日から商談目的で触っている方々が多かったです。商談用以外の筐体は4台連結させた状態で出展されていて、招待日は合間を見て4台連結した状態で演出効果のデモンストレーションを見せていました。

  
招待日でお披露目された4台連結のデモンストレーションです

■招待日ステージイベント『ビートストリーム』の紹介

『ビートストリーム』のプレゼンテーションが、招待日に随時ステージで行われました。コナミのステージイベントMCではお馴染みの森一丁さんの軽快な口調で『ビートストリーム』の魅力を伝えていました。

スライドにもありましたが、ユーザーを魅せる3つの新しいポイントをあげていました。
  • MAG(漫画・アニメ・ゲーム)にフィーチャーした楽曲構成・ゲームデザイン
  • ワイド2画面による大迫力、多彩なモニター演出
  • タッチパネルによる直感的で奥深いゲーム性
   

   

   

   

   

   

  
途中プロモーションムービーに切り替わって引き続き紹介が行われました。

■『ビートストリーム』のカタログ

招待日・一般日に配布された『ビートストリーム』のカタログです。カタログを広げると、筐体を4台連結した状態のイメージがよくわかります。

  

  
ゲームシステム・遊び方について説明が書かれているのと、広げると4台筐体連結時のイメージが良くわかるデザインになっています

■招待日ステージイベント 新しいPASELIの提案

コナミ電子マネー『PASELI』の新しい提案について、招待日に随時ステージでプレゼンテーションが行われました。PASELIを中心とした新しい展開で『100円玉ビジネスからの脱却』を提案していました。簡単ですが、プレゼンテーションの様子をまとめてみました。

□プレゼン概要

今までの100円玉ビジネスでは柔軟な価格設定はできず価格変化を起こせなくなった今、低価格競争やユーザー離れなど、とても厳しい局面を迎えています。そのようななか、アミューズメントゲーム・ビジネスと新時代を切り開くのがPASELIです。PASELIを利用することで新たなコンテンツやサービスが可能となります。

PASELIの導入により、利用者は硬貨を準備する手間が省けるほか、オペレーターにとっても100円玉の硬貨にとらわれない柔軟な料金設定が可能になります。これにより、4月に控える消費税増税への対応策としても活用できると考えております。今後アミューズメントゲーム機において、幅広い料金設定に対応したPASELI専用モードを搭載しゲームの楽しみ方の幅を広げていきます。

PASELIにはポイント制度の導入も予定しており、これによりPASELIの魅力をより高めていきます。

PASELIはコナミ商品に限らず、様々な機器に設置することが出来る「PASELIリーダー」も予定しています。

   

   

   

   

コナミのイベントMCではお馴染み、千石愛さんがPASELIの新しい提案についてプレゼンテーションを行いました

■『サイレントスコープ ボーン・イーター』

これまでロケテストが開催されてきましたが、広くお披露目されるのは今回が初めてとなります。

往年のシューティングゲームが装いも新しくということで注目度も高く、招待日は常に60分待ちだったと思います。

   
遊び方を説明したシート2つと出展の様子です。4台設置されていましたが、招待日は常に60分待ちでたくさんの人が注目していました。
  
『サイレントスコープ ボーン・イーター』のリーフレットです

■『スティールクロニクル ガーネッシュ』

2013年12月に川崎で行われたロケテスト以来だと思います。2台出展されれていましたが実質は1台(1台は商談用)で稼働していました。招待日・一般日ともプレイ待ちの長い行列が出来ていました。

稼働中の『スティールクロニクル ヴィクトルーパーズ』も出展されていましたが、『スティールクロニクル ガーネッシュ』との共同プレイも体験できたようです。

   

   

■一般日BEMANIブースの様子

一般日のBEMANIブースは招待日では出展されていなかった『jubeat saucer』、『REFLEC BEAT colette』。そして、JAEPO開催直前に最新作を発表した『ポップンミュージック ラピストリア』が出展されました。特に一番の注目は、今回初お披露目となる『ポップンミュージック ラピストリア』です。

JAEPO直前に公開されたプロモーションムービー内のキャラクターデザインが一新されたのと、ポップンの看板キャラともいうべきミミ・ニャミがムービー内にいなかったので、大きな話題を呼びました。一般日に『ラピストリア』をプレイした後、ポストカードをもらいました。ポストカードに描かれているキャラが新しいデザインのミミ・ニャミです。ツイッターでポストカードをアップしたところ、大変なリツイート数で大きな反響がありました。

なお、『ラピストリア』のキャラクターデザインが一新された理由については、一般日に行われた「pop'n music × REFLEC BEAT」ステージにおいて、プロデューサーのDJ YOSHITAKA氏が自ら説明しています。これまでのデザインのキャラクターも引き続き登場します。

 
一般日はそれぞれのタイトルのプレイの様子を見ることができました。
右はラピストリアをプレイしてもらえたポストカードです

  

2. タイトー

■招待日に行われた『グルーヴコースター』プレゼンテーションステージ

招待日に『グルーヴコースター』プレゼンテーションステージが開催されました。グルーヴコースターのディレクターDJ87GTこと花形氏と、アシスタントプロデューサーてらまさんこと寺田氏の二人で新情報について説明が行われました。

今後追加される楽曲情報が中心でした。JAEPO前にすでに公開されている情報が大半でしたが、最後に公開されたスクウェア・エニックスの『ロード オブ ヴァーミリオン III』とのコラボレーションは今回のプレゼンテーションステージが初出しの情報となりました。

ステージの合間に、寺田氏による追加楽曲のデモンストレーションプレイが披露されました。下にリザルト画面の写真を載せましたが、さすがスタッフということもあって素晴らしいプレイを披露していました。

   

   

   

 
上のプレイリザルト画面は、寺田氏がプレイした追加楽曲「Catus Carnival」です。ミスが一つと惜しい結果でしたが、大変素晴らしいプレイを披露していました


   
タイトーブース裏側にあった『グルーヴコースター』の追加楽曲情報や、ネシカクロスライブで配信予定のゲームのボードです

3. セガ

JAEPO初お披露目の新作『WONDERLAND WARS』のプレゼンテーションステージが開催されました。今回は実機は展示されておらずユーザーはプレイできませんでしたが、プレゼンテーションステージでは実機を使って説明が行われました。ジョイスティックとペンデバイスを使っての操作ですが、特にペンデバイスを使った操作は気になるところです。

アーケード初のMOBA系ストラテジーゲームを謳っているこのゲームですが、3月下旬に開発ロケテストを行う予定であることが発表されました。ロケテスト開催時は、是非触ってみたいと思います。

『三国志大戦』、『戦国大戦』、『CODE OF JOKER』を手がけてきた西山泰弘氏がゲームのコンセプトについて説明し、総合ディレクターの大原氏が随時説明を加えていました。また、ゲストとして声優の磯村知美さんが出演し、磯村さんが演じるキャラクターの紹介がありました。

  
ステージの隅に『WONDERLAND WARS』の筐体が。真ん中は、『WONDERLAND WARS』プレゼンステージ後にもらえたしおりです
また、今年の夏セガアミューズメントマシンが集結するイベント開催の告知がありました
  
新製品のプロモーションムービーで紹介されたしちた教育研究所とコラボした子供向けゲームです
ブース内に出展されていました
   
セガのクロスメディアプロジェクト『ヒーローバンク』。今回アーケード版が初お披露目となりました
ゲーム以外では、発売予定のグッズ・プライズが展示されていました
右端のうまい棒は『ヒーローバンク』特製うまい棒で、会場で貰えました
2月7日〜11日までラウンドワン横浜駅西口店でロケテストを行った『TRANSFORMERS Human Alliance』が参考出展されていました

4. 加賀アミューズメント

電子マネー決済システム展示

2013年より一部店舗でテストが行われている電子マネー決済システムが展示されていました。
  

 
クレーンゲーム機に実機が設置された状態で展示されていました
また、テストが行われている2店舗の様子をボートで展示していました

トップページ