GHOST SQUAD

最終更新日:04年7月7日

実施期間

実施場所

04年5月22日〜23日

池袋GIGO

04年7月3日〜11日

GHOST SQUADのロケテポスター 7月3日〜9日まで貼ってあったポスター

1回目のロケテストで「池袋GIGO」店頭に貼ってあったポスターです。
右が、7月3日〜9日までのロケテストで貼ってあったポスターです。

ICカード表面 ICカード裏面

ICカードです。ロケテ専用なので、製品版にデータは引き継げません。

ゴーストスカッドのアンケート

ロケテ会場にあったアンケートです。クリックすると、拡大画像が表示されます。


SEGA-AM2開発のガンシューティングゲーム最新作です。スタッフもついてアンケートをとっていました。

◆このゲームの特徴など

  • 筐体は『バーチャコップ3』と同じです。ロゴ文字内は緑色、筐体の脇も緑色で、緑がイメージカラーの雰囲気を与えます。
     
  • 使用基板は「chihiro」です。
     
  • ガンはマシンガンで、『THE HOUSE OF THE DEAD 3』のショットガンよりは軽いですがやや大きめです。引き金以外では、「ショットセレクター」と「アクションボタン」がついています。
    「ショットセレクター」はスイッチを押すと、弾の発射弾数をセミ(単発)、3ショットバースト(3連射)、フルオートの切替が可能です。
    「アクションボタン」は、状況に応じて用途が異なっていきます。ミニセッションで使う機会が多いです。

  • 1プレイ200円、コンティニューは100円でした。ゲームスタートすると、ミッションセレクト画面になります。3つ選択肢がありましたが、今回プレイできたのは2つでした。

  • 画面上部にはライフゲージがあります。0になるとゲームオーバーです。その下に「GSメーター」があります。これは特殊部隊らしさを評価するメーターでたまるとフルオートが支給されます。「GSメーター」は、的に「HEAD SHOT」などの効果的な攻撃を加えることで上昇します。ミニセッションを成功させることでも上昇します。メーターがMAXになると、フルオートが使用可能になります。ただし、弾数に制限があります。
     
  • 危険な敵には「HITマーカー」がつきます。優先的に倒した方がいいでしょう。
     
  • 画面下にはアイテム表示があります。物を破壊すると出現することがあります。
     
  • ゲーム中「ミニセッション」が発生します。ここでプレーヤーは行動選択を迫られます。例えば「人質監禁 救出せよ」「敵が多発 制圧せよ」「スモーク弾を使用し突入せよ」など、いろいろなミッションが発生します。 
     
  • 5月24日にこのゲームのチェッカーを募集するそうです。アンケートにそのことが書いてありました。詳細は、HPにアップされるそうです。
     
  • ICカードを使うと、プレーヤーの「階級」、「経験値」、「ベストスコア」、「アイテム」などデータが記録可能です。
     
  • また条件を満たすことで、新たなミッションにチャレンジできます。新しいコスチュームや新しい武器も手に入るそうです。

※2回プレイしましたが普段ガンシューをやり慣れていないせいか、あっという間にゲームオーバーになってしまいましたので、ゲーム内容を詳細にレポートできなくてすいません。3回ぐらい弾にあたると、ライフが0になってしまうので気が抜けませんでした。まだバランス調整されるでしょうが。


トップページへ