jubeat

最終更新日:08年3月19日

実施期間

実施場所

07年12月22日〜24日

キャッツアイ町田
アミューズメントパスカ

08年2月20日〜27日

ラウンドワン梅田

08年2月22日〜27日

AMサントロペ池袋

08年2月29日〜3月5日

サードプラネット博多店

08年3月1日〜5日

ディノスノルベサ

08年3月7日〜12日

アミパラ広島店

08年3月7日〜12日

サードプラネットBiVi仙台店

08年3月14日〜18日

AMPIA川崎ダイス

08年3月14日〜18日

キングジョイ

  

町田のロケテ会場内にあったポップとロケテスト告知ポスターです。

 

遊び方を説明したリーフレットです。2007年12月のロケテスト時にあったものです。

川崎ロケテスト時の店頭にあったロケテストお知らせです。


コナミBEMANIシリーズの最新作が登場です。このゲームは全部で16個のボタンが用意されていて、曲にあわせて「TOUCH」表示が出たボタンを叩くというシンプルなルールです。

筐体のプロデューサー名をを見ると、ギタドラシリーズと同じ野崎さんの名前が入っていました。

◆2008年2月バージョンについて

  1. 200円、3曲設定でプレイできました。2台設置されていました。
  2. 筐体のコイン投入口左側に、e-PASS差し込み口が追加されました(AOUまでの筐体には、ついていなかった)。22日はe-Amusement PASS使用できませんでしたが、23日から使用できるようになりました。
  3. 基本は、AOUバージョンに近いものです。AOUで追加された「チュートリアル」も入っています。
  4. AOUで追加された新曲「A Perfect Sky」はデフォルト収録。「Polaris」は、e-PASSを使ってプレイすると手に入るようになります。
  5. 07年12月バージョンと比較すると、難易度変更が目立ちました。難易度の数値は、AOUと同じ物と思われます。

◆2008年3月バージョンについて

  1. 3月7日からスタートしたバージョンに、楽曲「シャナナ☆」(MINMI)が追加されました。

◆e-Amusement PASSを使ってプレイしたときの流れ(08年2月ロケテ-バージョンから追加)

最初に、プレーヤーの名前を入力します。入力後、「チュートリアルモード」がスタートします。2回目以降のプレイから、「チュートリアル」は出なくなります。

曲選択画面では、クリアした曲には「マーク」がつきます。もちろん、難易度ごとにマークがつきます。また、上の画面を見るとプレイした曲に関しては最高スコアと最高判定が表示されます。

プレイ終了後、各ステージでプレイした曲の成績に応じてポイントが加算され、一定以上ポイントがたまるとプレーヤーのランクが上昇します。ランクは「D」からスタートし、現時点では「C4」→「C3」→「C2」→「C1」まで確認できました。獲得ポイントは「レーティング」、「難度」、「初プレー」、「初クリア」の4つの項目の加算した数字になります。全国ランキング表示もあり、おそらく獲得ポイントごとで集計しているものと思われます。

ランクが上がると、複数用意されているアイテムの中から1つ選択して獲得できます。今回は、新曲「Polaris」と称号(3つ?4つ?)が手に入りました。

◆ゲームの流れ

モードは「オンラインプレー」と「マルチプレー」の2種類用意されています。「オンラインプレー」は、ネットワーク上で同じ曲を選んだ人同士で一緒にプレーします。最大3曲プレーで、スコアが70万点以下はゲームオーバーになります。相手のプレーヤーとの勝敗は、特にゲームを継続プレイするという点においては関係ありません。「マルチプレー」は、同店舗内対戦になります。3曲までゲームオーバーなしでプレイできます。

曲選択は、下のボタンで選択します。ボタンに曲のCDジャケットが表示されていて、上の画面には曲名と難易度が表示されています。今回のバージョンは、全21曲収録。うちコナミオリジナル曲は1曲のみで後はすべて版権曲です。版権曲は、アーティスト表示があるものとないものがあります。アーティスト表示がないものは、カバーと思われます(天体観測とか全力少年など他の音ゲーに収録されている曲は、同じカバーものでした)。コナミオリジナル曲については、アーティスト表記はありませんでした。

曲選択画面には「設定変更」というのがあります。これをタッチすると、難易度・エフェクト変更・称号変更ができます。難易度は、「BASIC・ADVANCE・EXTREME」の3種類から選択できます。エフェクト変更は、プレー中のボタンを叩いたときのエフェクトを変更できます。ロケテストバージョンは、全部で8個のエフェクトが用意されていました。称号変更は、プレーヤーの称号を変更できます。プレーヤー名のところにいっしょに称号が表示されます。ロケテストバージョンでは、11個の称号が用意されていました。

プレー画面は、上の小型モニターにスコア表示・コンボ表示・曲名・難易度が表示されます。下のボタンはコンボを続けると、真ん中のパネルに大きくコンボ数が表示されます。上にも書きましたが、「TOUCH」表示が出たパネルを叩きます。ボタンに突然浮かび上がってくる感じで表示されます。曲のスピードによって、「TOUCH」表示の速度も変化します。難易度が高くなると、4つ同時押しとか斜め同時押し、複雑な表示のしかたをしたりと、かなり歯ごたえが出てきます。

プレー結果がブログにアップされる、というのもこのゲームの特長です。「i-revo」会員になると、プレー結果がそのままブログにアップされます。もちろん、コメントをつけることも可能です。

◆プレーしてみて

何回かプレイしましたが、最初は「TOUCH」を叩くタイミングがうまくつかめませんでした。「TOUCH」表示が早いせいもあるのでしょうか?叩いたときのエフェクト表示で判定を表しているようで、判定はうまく叩けた状態と叩けない状態の2種類ではないかと思われます。何度かプレイするとうまく叩くタイミングもつかめるのですが、最初は難易度が低い曲でもうまく叩けなくてスコアが伸びずゲームオーバーになりました。このへんについては、今後ブラッシュアップされると思います。

◆ロケテストの様子

23日の町田は、コナミスタッフが朝から4人いました。交代で対応していて、プレーした人にアンケートの回答(筐体となりにあるノートパソコンに入力)をお願いしたり、リーフレットを配布していました。

24日は、野崎プロデューサーの姿もありました。

◆曲リスト

07年12月バージョンでは、下記21曲が収録されていました。当時の難易度は最低がレベル1、最高でレベル8です。コナミオリジナル曲「Snow Goose」がボス曲的存在です。

08年2月バージョンでは、難易度がかなり変更されました。「→」後ろの数字は、2月バージョンの難易度です。また、AOUで追加された「A Perfect Sky」が収録。AOUで収録されていた「Polaris」は、未収録でした。

曲名 BASIC ADVANCE EXTREME
ちっぽけな勇気

1

4→5

7→8

Love so sweet

1

3→4

5→6

こんな近くで...

1

2→3

4→5

PLAY THE GAME

1

5→6

8→9

一色

1→2

3→4

6→8

Good by little girl

1

2→3

3→4

風になりたい

1→3

3→4

4→6

endscape

1→2

4→5

6→7

POP STAR

1

3→4

6→7

My Love

1→3

4

5→7

ふがいないや

2

5→6

7→8

抱いてセニョリータ

2→3

4→5

6→8

粉雪

2→3

4→5

7

天体観測

2

4

6

キューティーハニー

2→3

3→5

4→7

i'm in the Mood for Dancing

2

4→5

7

負けないで

3→2

3→4

5→6

全力少年

3→2

5→6

7

気分上々↑↑

3

4→5

5→6

YMCA

3→2

6

8

Snow Goose

4→5

7→8

8→9

AOUから追加

A Perfect Sky

3

5

8

Polaris

3

6

10

3月広島・仙台バージョンから追加

シャナナ☆

3

6

8

◆ロケテスト公式リンク

ロケテスト告知ページ


トップページへ