METAL GEAR ARCADE

最終更新日:2017年7月21日

実施期間

実施場所

10年3月12日〜14日

AM サントロペ池袋
東京レジャーランド秋葉原1号店

10年5月28日〜30日

AM サントロペ池袋

10年7月9日〜11日 AM サントロペ池袋
10年7月30日〜8月1日 アドアーズ渋谷
ラウンドワン横浜西口店
10年11月19日〜21日 東京レジャーランド秋葉原2号店

5月ロケテ時のAM サントロペ池袋より。

  

上3つは、全て東京レジャーランド秋葉原店より。


■2010年5月時のロケテストバージョンについて

3月12日〜14日まで行われたロケテスト以来、第2回目となるロケテスト開催です。3月にプレイしたデータはリセットされています。筐体4台設置、1プレイ300円、コンティニュー200円でした。

5月28日の時点のバージョンは、J:A:A:20100052816と表示されていましたが、5月30日時は、J:A:A:2010052823となっていました。

5月30日(日)は、13時前で数人プレイしていましたが、満席になることはなかったと思います。28日(金)もそうでしたが、筐体後ろについている3Dメガネをのぞき見る人はチラホラいました。

1. ヘッドコントローラーが軽量化

2月・3月のヘッドコントローラーに比べて軽量化されました。以前はコントローラーのところにおそらくセンサーの役割となる筒みたいなものがついていましたが、それがなくなり3Dメガネだけとなりました。公式サイトに当時のヘッドコントローラーの画像が掲載されていますが、筒みたいなものがなくなってメガネだけになったと思っていただければと思います。もちろんこれまでどおり、ちゃんと頭を向けた方向に認識します。

2. ガンコントローラーにマイク装備

ガンコン上部に、マイクが装備されていました。マイクに近づけてしゃべることで、店内の仲間たちとボイスチャットができます。店外の仲間とチャットするときは、テンキーを使って行います。テンキーにそれぞれセリフが割り当てられています。

3. キャラクター登録で装備選択

初回プレイのキャラクター作成時に、装備を3種類の中から選択できるようになりました。軽装備・普通の装備・重装備とありまして、装備によってキャラクターの動き等に影響があるようです。

4. 戦闘ルール変更

3月ロケテ時の全国対戦ルールは、4対4のチームバトルで相手チームの兵士を倒していき制限時間4分以内でスコアが高いチームが勝利でした。制限時間は4分と変わりませんが、先に25人倒したチームが勝利となります。時間切れの場合、多く倒したチームが勝利となります。

5. 階級が2つ上がると新しいステージ追加

階級が2つ上がると、新しいステージが追加されます。3月のロケテ時は、ステージは1つしかありませんでした。

 

■2010年3月時のロケテストバージョンについて

筐体は4台設置、1プレイ300円、コンティニュー200円で稼働していました。バージョンは、J:A:A:2010031201と表示されていました。

1. 筐体・ガンコントローラー

筐体は3D表示対応のモニター、スピーカーが前方と席後方に設置されています。席の左側にセンサー付き3Dメガネ(メガネふきもありました)、右側にガンコントローラーが設置されています。筐体後ろにも3Dメガネがついていて、ギャラリーがそのメガネをのぞいて3D映像を堪能することができます。

手前側にe-Amusement PASSをかざす部分とテンキー。赤ボタン→アイテム、緑ボタン→武器切替、青ボタン→画面スキップ、スタートボタン→ゲーム中の2Dと3Dの切替、といった4つのボタンがあります。テンキーは、ゲーム中のチャットでも使用します。それぞれの数字に、セリフが割り当てられています。

ガンコントローラーは、以下の操作ができるデバイスが搭載されています。

  • 視点固定ボタン
  • 姿勢変更ボタン→押している間はしやがむ、ダブルクリックで走っているときはローリング
  • プレーヤー移動スティック
  • トリガーボタン
  • 武器変更ボタン
  • リロード
  • アイテム

ゲーム開始前に、センサー付3Dメガネをかけるよう指示がでます。メガネをかけている人は、その上から覆い被せるといった感じです。

2. ゲームのフロー

ゲームスタート→チュートリアル→ブリーフィング→戦闘開始→戦闘終了、というフローでゲームは流れます。

3. 戦闘開始前までの流れ

初回プレイ時に、キャラクターを作成します。名前入力(8文字まで)→性別選択→顔を8種類から選択→ボイスを8種類から選択してキャラクターを作成します。所属地域も選択できますが、今回のテストでは自動的に「東京」になります。

チュートリアルは、初回プレイ時に選択できますがスキップすることもできます。基本的な操作方法を学ぶことができます。

今回選択できるモードは「全国対戦」のみです。4対4のチームバトルで、相手チームの兵士を倒していき制限時間4分以内でスコアが高いチームが勝利です。選択できないモードは「店内対戦」、「ミッション」がありました。

ブリーフィングは、対戦相手のマッチング中の時間を利用して以下のことができます。

  • 武器設定→購入した武器の設定を4パターンまで作成
  • 装身具設定→購入した装身具の設定
  • 武器・装身具獲得→入手したチケットを利用して武器・装身具の購入
  • ゲームオプション→今回設定できたのはカメラ回転速度を10段階で調整
  • 戦績閲覧→プレーヤーの戦績を確認
  • コントローラー説明→操作方法について

4. 戦闘について

4対4のチームバトルです。制限時間は4分間、相手の兵士を倒して終了後にスコアが高いチームが勝利です。

画面上には様々な情報が表示されています。味方は青いカラーで表示、敵は赤いカラーで表示されます。敵を連続で倒すと、コンボボーナスになります。画面下のライフがなくなると、再出撃になります。再出撃時、ブリーフィングの武器設定で作成した別のセットに切り替えることができます。

戦闘終了後、リザルト画面で戦績に応じたポイントが集計されます。敵を倒した数などに応じて獲得できるポイント、逆に敵にやられた場合に損失するポイント。それらを計算して階級獲得ポイントをが得られます。このポイントが一定以上たまると、階級がランクアップします。また、ブリーフィングで武器・装身具購入に使うチケットを獲得できます。ブロンズチケット・シルバーチケット・ゴールドチケットの3種類あります。

5. その他気がついたこと等

AOU出展時のバージョンより、いろいろ調整が加わっていました。TPSからFPSに変わったせいか、AOU時と比べてキャラクターが動かしやすくなっていました。AOUのときは頭をしょっちゅう動かさないとキャラクターがうまく動かなかったような気がしたのですが、今回はそういったこともなく負担が軽減されていたと思います。

また、ゲーム中の映像はデフォルトは3D表示になっていますが、スタートボタンを押すと2Dに切り替えることができます。これにより、3D酔いしそうな人や連続プレイ時の負担軽減になると思います。

コナミスタッフが数名ついていて、プレイした人にアンケートの依頼をしていました。


トップページへ