武装神姫アーマードプリンセスバトルコンダクター

初回掲載日:2020年6月21日
最終更新日:2020年7月5日

実施期間 実施場所
2020年6月19日〜21日 シルクハット川崎ダイス
2020年7月4日〜5日 東京レジャーランド秋葉原2号店

■ロケテスト総プレイ回数

2020年6月20日 1プレイ
2020年7月4日 1プレイ
2020年7月5日 1プレイ

■第1回ロケテスト仕様(シルクハット川崎ダイス開催分)

開催時間 10時〜20時 
整理券配布 8時30分から抽選券を配布。1日プレイ上限人数120人。
抽選券配布時に1日の上限人数を超えた際は、プレイできない人(ハズレ)もあり。
稼働台数 4台
クレジット料金 1プレイ200円(神姫1体お迎え込み)。追加神姫お迎え:1体100円、4体400円。
バージョン J:A:A:2020040701 
参加特典 お迎えした神姫をロケテスト専用カードコネクトでカード化。
アンケート実施 オンラインアンケート
ロケテストノート設置 なし。
ロケテスト開催告知 公式より告知。
公式サイト https://p.eagate.573.jp/game/busoushinki/bc/loca/index.html

■第2回ロケテスト仕様(東京レジャーランド秋葉原2号店開催分)

開催時間 10時〜22時 
整理券配布 9時00分から抽選券を配布。1日プレイ上限人数144人。
抽選券配布時に1日の上限人数を超えた際は、プレイできない人(ハズレ)もあり。
稼働台数 4台
クレジット料金 1プレイ200円(神姫1体お迎え込み)。追加神姫お迎え:1体100円、4体400円。
バージョン J:A:A:2020070205
参加特典 お迎えした神姫をロケテスト専用カードコネクトでカード化。
アンケート実施 オンラインアンケート。
ロケテストノート設置 なし。
ロケテスト開催告知 公式より告知。
公式サイト https://p.eagate.573.jp/game/busoushinki/bc/loca/index.html


『武装神姫アーマードプリンセスバトルコンダクター』は、2020年2月開催のJAEPOで初お披露目(しかも、出展当日発表のサプライズ)された作品です。ロケテストは2020年6月開催分が初めてです。『武装神姫』は、2007年からメディアミックス作品として展開しています。今回アーケードで展開ということもあり、大きな注目を浴びていると思います。

■第1回川崎ロケテストより

 

 


■第2回秋葉原ロケテストより

 

   


■武装神姫とは(Wikipediaより)

武装神姫は、コナミデジタルエンタテインメントから発売されている、オリジナルロボットのアクションフィギュアシリーズ。また、これを中心としたメディアミックス作品。

■『武装神姫アーマードプリンセスバトルコンダクター』の概要

  • お気に入りの「神姫」を集めて、カスタマイズをしながら最強の称号「バトルコンダクター」を目指すアクションゲームです。
  • 筐体左側にある「透過液晶」に映し出される立体的な「神姫」とのコミュニケーション!
  • 『カードコネクト』との連動で、お気に入りの「神姫」をカード化することができます。
  • ゲームは、4人のマスターによるバトルロイヤルです。敵の「神姫」を攻撃すると出現する「ジェム」を多く集めて、勝利を目指します。

■第2回ロケテスト新要素

1. 武装神姫が増えた

ジルダリア・エウクランテ・アーティルが新たに参戦しました。

https://p.eagate.573.jp/game/busoushinki/bc/chara/index.html#chara

2. 簡易的なスナップショット(仮)機能追加

ハウスで写真撮影可能になりました。画面右上のカメラボタンを押すと、写真撮影ができます。最後に撮った一枚を『カードコネクト』で印刷することができます。

  

https://twitter.com/Busou_Shinki/status/1278584188988506113

■ゲームフローについて

  1. e-Amusement PASSを筐体右側にあるリーダーにかざし、認証を行います。



  2. プレー方法をクレジットでプレー・PASELIでプレーから選択します。いずれも200円です。マスター名(プレーヤー名)は、今回のバージョンでは「マスター」で固定されています。

     

  3. 「神姫」を3体起動します。コスト上限(星7個)に収まるように、神姫カードを3枚選んで筐体左側の3体登録します。「神姫」を登録すると、透過液晶に浮かびあがって表示されます。第1回・第2回ロケテストでは、筐体にあらかじめカードが数枚用意されていて、好きな「神姫」カードを選択して登録することができました。もちろん、自分でお迎えした神姫カードを登録することもできました。

     

  4. バトル開始まで、「神姫」をタッチしてコミュニケーションをとることができます。親密度が上がることで新しいスキルや行動が変化するようです。コミュニケーションをとる以外に、「神姫」をカスタマイズすることができます。コミュニケーション・カスタマイズが完了したら、画面下にある「バトル」をタッチします。コミュニケーション・カスタマイズの制限時間は、第1回・第2回のロケテストは150秒(2分30秒)でした。

      

     

  5. 「バトル」の種類を選択します。第1回・第2回ロケテストは「ジェムバトル」のみ選択できます。



  6. バトルマッチング中に、出撃させる神姫の順番を並び替えできます。



  7. バトルスタートします。まずは、敵の神姫を攻撃します。ダメージを受けた神姫から「ジェム」が出現します。出現した「ジェム」は「回収ボタン」を押している間、足下の回収エリアが一定範囲で広がります。エリアに入ったジェムを回収します。敵の神姫を撃破すると、ジェムが大量に出現します。さらに、敵のレア度が高いほど多くのジェムが出現します。
    第1回・第2回のロケテストは、バトル制限時間は240秒(4分)でした。バトルステージの舞台は第1回はJAEPOと同じステージ(家の中)。第2回は外を舞台にしたステージでした。

     

  8. バトル終了すると、リザルト画面で順位が表示されます。

      

  9. 神姫ショップに移動します。デジタル神姫を購入することができます。第1回・第2回ロケテストは、1体はお試しで無料購入ができます。追加購入は、1体購入・4体購入から選択します。

      

  10. デジタル神姫の購入完了するとゲームオーバーです。



■第1回・第2回ロケテストを振り返って

1. ゲームについて

メインとなる「バトル」。画面内が少しゴチャゴチャした感じで、慣れていないと思い通りに敵へ攻撃できなかったり、逆に敵から攻撃を受けているのがわからなかったりと、自分が何をしているのかわからなくなるところがありました。操作に慣れないと、というところもありますが、いろいろ意見は集まっていると思いますので今後も改善が見込めると思います。
透過液晶に浮かび上がる神姫、e-Amusement PASSのリーダーが神姫が座っているものをモチーフにしていたりと、『武装神姫』の世界を堪能できるアーケード作品になると思います。

2. ロケテストに集まったプレーヤー層

第1回の土日2日間のロケテスト抽選券待機列を見た限り、99%男性でした。日曜日に、女性1人いました。自分の神姫をもってきている人がいて、ロケテストに飾ってあった神姫たちのところにいっしょにおいて記念撮影している人がみられました。第2回ロケテストも男性率が多かったですが、チラホラ女性もいました。

■第1回・第2回ロケテスト風景等

1. ロケテスト専用カードコネクト筐体とお迎えできた神姫

ロケテスト専用『カードコネクト』筐体です。

『武装神姫アーマードプリンセスバトルコンダクター』の神姫ショップで手に入れた神姫のカード化と、スナップショットで撮影した最後の1枚をカード化することができました。カードは1枚100円でプリントできました。一番レア度が高いURカードをひくと、キラつきでプリントされます。

なお、『武装神姫アーマードプリンセスバトルコンダクター』以外のタイトルのカードプリントはできません。また、店内にある通常の『カードコネクト』筐体では、『武装神姫アーマードプリンセスバトルコンダクター』の神姫ショップで手に入れた神姫のカード化はできませんでした。

  

   

下記は、第1回のロケテストでお迎えできた神姫たちです。

   

2. ゲーム機筐体など

下記左の写真は、6月20日(土)のロケテスト開始前の準備風景です。スタッフの皆さんがしっかりチェックしていました。右の写真は、筐体の裏側です。

 

4台設置されていた筐体を正面から撮影しました。右は、コントローラーデバイスです。

 

第2回ロケテスト(秋葉原)からです。ゲーム機筐体はの色は、チームカラー毎に随時色分けされます。


3. 早朝にできていたロケテスト抽選券待機列

第1回ロケテストプレイに必要な抽選券を、午前8時30分から配布しました。20日・21日の2日間共に8時10分頃に現地到着しましたが、いずれもその時間帯で100人は超えていました。
2日とも、1日プレイ人数上限となる120人を超えていました。

この下の左は6月20日(土)、右は6月21日(日)。いずれも、午前8時15分頃に撮影しました。

 

下の写真は、7月4日(土)秋葉原の待機列の様子です。第2回ロケテストの抽選券配布は、午前9時から配布しました。

配布直前の午前8時40分時点で、約110人いました。なお、7月5日(日)午前8時40分時点では約90人いました。

 

4. ロケテスト運営

第1回ロケテストの運営は、通常より短めの時間(10時〜20時まで、店舗営業時間は9時〜24時45分)で運営されました。
第2回ロケテストについても、営業時間より短めの時間(10時〜22時まで、店舗営業時間は10時〜24時45分)で運営されました。

『武装神姫アーマードプリンセスバトルコンダクター』が設置されているスペースの周りはパーティーションで囲んであるため、ゲーム映像を近くで見ることはできませんでした。ゲーム機近くに近寄ることができるのは、ロケテスト参加者でかつプレイ予定時間が近くなったところで初めてスペース内に入れることができました。

ロケテストスペース内に入る前に、スタッフから検温と手のアルコール消毒を実施。第1回ロケテスト後は、プレイ終了後も手にアルコール消毒をして退出しました。

しっかりとした対策をとってロケテストが運営されていました。

■第1回ロケテストプレイ動画

Youtubeにアップロードしました。



トップページへ