チェイスチェイスジョーカーズ

初回掲載日:2022年3月14日
最終更新日:2022年7月31日

実施期間 実施場所
2022年3月11日~3月13日 東京レジャーランド秋葉原2号店
2022年7月8日~7月10日 ラウンドワン池袋店
2022年7月30日~7月31日 コムテックタワー

■ロケテスト総プレー回数

2022年3月13日(日) 1回プレー
2022年7月9日(土) 4回プレー
2022年7月30日(土) 2回プレー

■第3回ロケテスト仕様(2022年7月開催、コムテックタワー)

ロケテスト開催時間 11時~22時00分
ロケテスト参加方法 【公式サイトより】
9:00~9:30、抽選参加券を配布。
9:45からコムテックタワー2F チェイスチェイスジョーカーズ筐体前で抽選。
全時間帯、プレイは整理券制でした。
稼働台数 チェイスチェイスジョーカーズゲーム機筐体:6台
ロケテスト専用カードコネクト筐体:2台
クレジット料金 1プレー100円。
バージョン J:A:A:2022072100
静止画・録音・動画撮影 OKです。
ロケテストキャンペーン ロケテストでゲームをプレーした方に、キャラクター担当声優サイン色紙・イラスト色紙・限定e-amusement passを抽選でプレゼント!
ロケテストをプレーした人にくじをひいて当たった人にプレゼント。
ボンバーガールコラボ実施 ロケテストでチェイスチェイスジョーカーズを遊ぶと、ボンバーガールでパインの衣装がゲットできる。※ボンバーガールのデータは後日配布。
アンケート実施 Webでアンケート実施。
ロケテストノート設置 なし
ロケテスト開催告知 2022年7月25日13:37頃、KONAMI コナミ公式Twitter(@KONAMI573ch)より告知。
ロケテスト告知サイト https://www.konami.com/amusement/topics/23665/

■第2回ロケテスト仕様(2022年7月開催、ラウンドワン池袋店)

ロケテスト開催時間 11時~24時30分
ロケテスト参加方法 【公式サイトより】
10:00~10:20、ラウンドワン池袋店1F入口で抽選券を配布。
10:30からラウンドワン池袋店2Fチェイスチェイスジョーカーズ筐体前で抽選。
22時以降は、整理券なしでプレイ可能。
稼働台数 チェイスチェイスジョーカーズゲーム機筐体:6台
ロケテスト専用カードコネクト筐体:2台
クレジット料金 1プレー100円。
バージョン J:A:A:2022070700
静止画・録音・動画撮影 OKです。
ロケテストキャンペーン ロケテストでゲームをプレーした方に、キャラクター担当声優サイン色紙・イラスト色紙・限定e-amusement passを抽選でプレゼント!
ロケテストをプレーした人にくじをひいて当たった人にプレゼント。
ボンバーガールコラボ実施 ロケテストでチェイスチェイスジョーカーズを遊ぶと、ボンバーガールでパインの衣装がゲットできる。※ボンバーガールのデータは後日配布。
アンケート実施 Webでアンケート実施。
ロケテストノート設置 なし
ロケテスト開催告知 2022年7月1日13:54頃、KONAMI コナミ公式Twitter(@KONAMI573ch)より告知。
ロケテスト告知サイト https://www.konami.com/amusement/topics/23665/

■第1回ロケテスト仕様(2022年3月開催、東京レジャーランド秋葉原2号店)

ロケテスト開催時間 10時~20時
ロケテスト参加方法 【公式サイトより】先着順にてプレーをご案内いたします。
プレー希望者多数の場合、整理券を配布しタイムテーブルでのご案内となります。
稼働台数 チェイスチェイスジョーカーズゲーム機筐体:3台
ロケテスト専用カードコネクト筐体:2台
クレジット料金 1プレー100円。
バージョン J:A:A:2022031003
静止画・録音・動画撮影 OKです。
ロケテストキャンペーン ロケテストでゲームをプレーした方に、キャラクター担当声優サイン色紙もしくは限定e-amusement passを抽選でプレゼント!
ロケテストをプレーした人にくじをひいて当たった人にプレゼント。
ボンバーガールコラボ実施 ロケテストでチェイスチェイスジョーカーズを遊ぶと、ボンバーガールでパインの衣装がゲットできる。※ボンバーガールのデータは後日配布。
アンケート実施 Webでアンケート実施。
ロケテストノート設置 なし
ロケテスト開催告知 2022年3月4日13:42頃、KONAMI コナミ公式Twitter(@KONAMI573ch)より告知。
ディーザームービー
ロケテスト告知サイト https://www.konami.com/amusement/topics/22722/

■第1回(2022/3/11~3/13)秋葉原ロケテストの様子

  

  


■第2回(2022/7/8~7/10)池袋ロケテストの様子

  

  


■第3回名古屋(2022/7/30~7/31)ロケテストの様子

   

  

コナミアミューズメントの完全新作ゲームです。『鬼ごっご』をテーマにしたゲームで、ヒトとオニに分かれて対戦します。

2022年3月に第1回のロケテストが秋葉原で開催。2022年7月に第2回のロケテストが池袋と、第3回のロケテストが名古屋で開催されました。第1回・第2回・第3回のロケテストについて、それぞれまとめました。

■2022年7月開催第3回ロケテストまとめ

第2回ロケテストと同仕様のようでした。ロケテストプレイデータは、第2回時のものを引き継いでプレイできました。タイトル画面に記載のバージョンは上がっていたので、何らかの修正等はあったと思います。

ゲームのフロー・ゲーム機筐体等の変更ないので省略します。

■2022年7月開催第2回ロケテストまとめ

  • パッと見た目で一番変わっていたのが、ゲーム機筐体でした。
  • プレイ画面のUI変更を確認しました。
  • チャットが追加されていました。
ゲームデータは第1回ロケテストプレイデータをそのまま引き継いでいたようで、1回プレイすると次回から解放される「パイン」を使用できました。筆者は第1回ロケテストで1回プレイし条件を満たしていたので、キャラクター選択で「パイン」を選択できました。
第2回ロケテストが初回プレイの人のプレイを見ていると、プレイ終了後に「パイン」が解放された、という旨の表示が出ているのを確認しました。

1. ゲーム機筐体(第2回2022年7月ロケテスト時)

第1回ロケテスト時と変わっていて、『武装神姫アーマードプリンセスバトルコンダクター』をコンバージョンした筐体のようでした。
『武装神姫』の筐体で印象的だった左側にある「等身大神姫が登場する立体モニター」は、今回はインフォメーションとして機能していました。

2. 第2回ロケテストバージョンのゲームのフロー

第1回ロケテストと同じフローでした。改めてまとめます。
  1. e-Amusement認証を行います。第2回ロケテストは、1回プレー100円でプレイできました(コイン・PASELI両方利用可)。
  2. チュートリアルをプレイするかどうか聞かれます。チュートリアルを選択すると、ゲームの説明を聞くことができます。
  3. チュートリアル終了後、キャラクター選択画面へ移行します。初回プレイでは、3人から選択できます。キャラクター選択後はマッチングに入ります。マッチング中は、フィールドを自由にキャラクターを操作できます。
    1回プレイすると、ボンバーガールの「パイン」が解放され次回プレイより選択できます。
    また、ゲーム終了後の「ガチャ」で「ツバキ/貞子の欠片」を手に入れると、「貞子」が解放され次回プレイより選択できます。
  4. マッチング完了後、自分のチームと相手のチームの状況が表示されゲームスタートです。制限時間は300秒です。
    ヒトからオニになるとき、オニからヒトへ戻るとき、キャラクターのビジュアルが表示されます。『ボンバーガール』でもやられたときにビジュアルが表示されましたが、それと同じような感じです。
  5. ゲーム終了後、リザルトが表示されます。チームのリザルトと個人詳細のリザルトが表示されます。
  6. ロケテストスペシャルガチャをひくことができます。キャラクターをカスタマイズできるアクセサリーが手に入ります。シングルガチャ:1クレジット、5連ガチャ:5クレジットです。
  7. ゲーム終了です。

■2022年3月開催第1回ロケテストまとめ

1. ゲーム機筐体(第1回2022年3月ロケテスト時)

キャラクターを操作する操作レバー。真ん中にはタッチパネル。タッチパネルでは、チャットができました。

真ん中に「スキル」ボタン。オニになったときにスキルを発動できます。右側には、カメラ移動ボタン・アクションボタン・ジャンプボタン・スライディングボタンがあります。

筐体正面には、ヘッドホン端子が付いています。

2. 第1回ロケテストバージョンのゲームのフロー

  1. e-Amusement認証を行います。第1回ロケテストは、1回プレー100円でプレイできました(コイン・PASELI両方利用可)。
  2. チュートリアルをプレイするかどうか聞かれます。チュートリアルを選択すると、ゲームの説明を聞くことができます。
  3. チュートリアル終了後、キャラクター選択画面へ移行します。初回プレイでは、3人から選択できます。キャラクター選択後はマッチングに入ります。マッチング中は、フィールドを自由にキャラクターを操作できます。

     

     

  4. マッチング完了後、自分のチームと相手のチームの状況が表示されゲームスタートです。制限時間は300秒です。

     

    ヒトからオニになるとき、オニからヒトへ戻るとき、キャラクターのビジュアルが表示されます。『ボンバーガール』でもやられたときにビジュアルが表示されましたが、それと同じような感じです。

      

  5. ゲーム終了後、リザルトが表示されます。チームのリザルトと個人詳細のリザルトが表示されます。

      

  6. ロケテストスペシャルガチャをひくことができます。キャラクターをカスタマイズできるアクセサリーが手に入ります。シングルガチャ:1クレジット、5連ガチャ:5クレジットです。
    オマケBOXというものがあって、今回はツバキ/貞子が1個手に入るようですが、詳細は確認できませんでした。

     

     

  7. ゲーム終了です。


■第1回・第2回ロケテスト共通ゲームシステム等の詳細まとめ

ここから先は、ゲームシステム等の詳細についてまとめてみます。

1. このゲームは鬼ごっごがテーマ

このゲームは簡単にまとめると、以下の2つです。
  • ヒトのときは、オニから逃げながら脱出に必要なゲージを上げることに専念。
  • オニになったら、ヒトを攻撃して少しでも早くヒトへ戻る。
以上、2つを繰り返すことになります。

2. ゲームの詳細

1. ヒトのとき

ステージ上にある「キーパワー」を集めます。集めたキーパワーを、フィールド上にある「KPH(キーパワーハツデンキ)」へいって充電します。充電中は無防備になるので、オニに気をつける必要があります。キーパワーは、画面上にパーセンテージで数値が表示されています。

ジュウデンが100%になると、デグチが解放されます。チームのひとりでもデグチへ飛び込めばチームの勝利です。

オニにやられると、タマシイがひとつ減ります。タマシイはチーム共有で「3つ」持っています。3回やられると、自分たちがオニになってしまいます。

※第2回ロケテストより追加
「アビリティ」と「アイテム」がが追加されました。「アビリティ」は、各キャラクターが持っている能力です。セットしていると、自動で発動します。
「アイテム」は、ヒトだけが使える特別アイテムで、ステージ上にある「アイテムカプセル」を拾うとランダムで1つ手に入ります。

2. オニのとき

オニになったら、テキを攻撃することに専念します。ヒトに近づいて「アクションボタン」を押すと攻撃できます。3回ヒトを倒したら、ヒトへ戻ることができます。

オニのときは、「スキルボタン」を押すことでいろんなスキルを使うことができます。使えるスキルは、キャラクターによって異なります。

3. カードコネクトを使った『チェイスチェイスジョーカーズ』ロケテスト限定カードプリント

『チェイスチェイスジョーカーズ』ロケテスト限定カードをプリントできる、専用カードコネクト筐体が2台設置していました。

カードは全22種類(全11絵柄、ノーマルカードとホロが入ったレアカードの2種類)です。

  

  

  

4. 第1回ロケテストプレイ動画

2022年3月13日(日)、筆者が実際にプレイした様子を動画で撮影したものをYoutubeへアップしました。

横向きからの視点のため少々見づらいですが、雰囲気が伝わればと思います。

5. 第2回ロケテストプレイ動画

2022年7月9日(土)、筆者が実際にプレイした様子を動画で撮影したものをYoutubeへアップしました。

■ロケテストの振り返り

1. 第1回ロケテストの視察を終えて(2022年3月11日~3月13日の視察)

(1) 2022年3月12日(土)ロケテスト整理券待ちの様子

ロケテスト初日は先着順で整理券を配布しましたが、翌日の3/12(土)から抽選制に変更になりました。8時30分時点でロケテスト整理券希望者が約70人いました。

この日の抽選はハズレてしまい、プレイできませんでした。

  

(2) 2022年3月13日(日)ロケテスト整理券待ちの様子

8時36分時点で約90人いました。待機列締切の9時の時点で、約180人いたようです。

この日の抽選は当選して、19時45分~プレイできる回に参加しました。

 

  

ロケテスト3日間行われましたが、連日大勢の人が朝から集まりました。ここまで集まったのは、正直私も予想外でした(コナミさん側もそのようでしたが…)。

集まった要因として、キャラクター担当声優サイン色紙・限定e-amusement passが当選するチャンス、もあったでしょうが、今回のロケテスト版をプレイすると『ボンバーガール』でパインの衣装がゲットできました。これはプレイできれば確実にもらえるのと、今後手に入る可能性が低い(限定のため)ので、ボンバーガールのユーザーさんが集まったのではないでしょうか。

これとは別で意外な反応だったのは、店内に掲示されていたロケテ案内ポスターの画像をTwitterへアップしたときです。ポスターの右下には、「サウンドボルテックスから人気キャラが参戦予定!乞うご期待!」とあります。『チェイスチェイスジョーカーズ』のロケテ告知サイトにも載っていない、このポスターだけの初出情報でした。これをみたBEMANIユーザー・サウンドボルテックスファンのユーザーが反応して、リツイート・お気に入り登録の件数が多かったです。下記が該当ツイートです。

ゲームのほうですが、ベースが鬼ごっこだけあってやることはわかりやすいと思いました。チーム対戦のゲームなので、ヒトのときとオニのときの戦術を考えるとより楽しくなると思います。今回は、キャラクターの動かし方・ゲームの概要を実際にプレイしながらざっくりと掴んだ感じです。もう少しこのゲームの魅力がわかるには、次回以降のロケテストで複数回プレイしたとき、になるとみています。

2. 第2回ロケテストの視察を終えて(2022年7月8日~9日現地にて)

「ラウンドワン池袋店」の2Fで行われました。普段はプライズゲーム機とビデオゲーム機(ボンバーガール・Quizknosk STADIUM・ワンダーランドウォーズ・ガンダム・英傑大戦などが設置)が設置されているフロアで、その一角を利用しました。

狭い場所にゲーム機を6台・専用カードコネクト筐体を設置していたので、コナミスタッフさんもやりづらかったと思います。第1回ロケテストと違って他人がプレイしている様子を見ることができましたが、それも周りの方に邪魔にならないように気をつけながら見ました。

7月9日(土)は、開店からプレイを求めるユーザーがたくさん集まり、結果200人近く集まった模様です。今回は、プレイできる整理券の数が第1回ロケテストより増えていたこともあり、抽選に参加した人全員プレイできました。ロケテスト開始後もしばらく整理券残っていたので、1回目のプレイ終了後に整理券をもらって、夜プレイできました。

ロケテスト開催時間が第1回ロケテストより長くなり、22時以降は整理券なしでプレイできたので、早くもやりこみ勢の方々が22時以降も積極的にプレイしている光景がみられ、遅い時間にも関わらず6台全台埋まっていました。

今回は、店内のユーザーでマッチングして対戦を楽しむことができました。4回プレイしましたが、まだ立ち回り等動かし方がぎこちなく、いっしょのチームになったユーザーに迷惑をかける場面がありました。その反面、チームに貢献する上手なユーザーも既にいました。

第1回・第2回ロケテスト共に、集客数だけ見れば好調だったのは事実です。

3. 第3回ロケテストの視察を終えて(2022年7月30日現地にて)

「コムテックタワー」の2Fで行われました。『ボンバーガール レインボー』、『ワンダーランドウォーズ』、『Fate/Grand Order Arcade』、『英傑大戦』等が設置されているフロアで行われ、ロケテスト行われるにあたっていくつかのゲーム機が一時的に稼働停止になっていました。

7月30日(土)の開店時間は、平日より1時間早い9時からですが、開店20分前から『チェイスチェイスジョーカーズ』ロケテスト目当てと思われる人たちが集まっていました。8時50分から店員さんがロケテスト待機列を作成し、この時点で約30人集まっていました。開店後も増え続け、抽選が始まる9時45分まで集まっていたようです。ロケテスト開始前の11時前に、スタッフさんのところにある整理券番号をみたところ「66」でした。名古屋ではロケテスト初日で、ロケテスト開始前に65人分の整理券がさばけました。

『チェイスチェイスジョーカーズ』のユーザーは『ボンバーガール』ユーザーが多い印象で、朝ロケテストの整理券もらってから『ボンバーガール レインボー』をプレイしている人たちが多かったです。その影響もあり、6台稼働の『ボンバーガール』が自分が見ていた限りではほぼ満席が続いていました。

「コムテックタワー」が入っているビルに街頭モニターが付いていますが、『チェイスチェイスジョーカーズ』の映像をながしていました。ロケテスト中の映像を流しているわけではなく、デモ映像をながしていました。映像・音声が流れていたので、なんだろう?と思った通行人もいたのではないでしょうか。


トップページへ