テトテ×コネクト

初回掲載日:2019年6月23日
最終更新日:2019年6月30日

実施期間 実施場所
19年6月21日~23日 タイトーステーション池袋西口店
名古屋レジャーランドささしま店
19年6月28日~30日 セガ秋葉原3号館
ラウンドワンスタジアム千日前店
19年7月5日~7日 namco博多バスターミナル店
アピナ姫路店
アミパラ 岡山店

■ロケテスト総プレイ回数

2019年6月21日 1回プレイ
(タイトーステーション池袋西口店でプレイ)
2019年6月22日 3回プレイ
(すべて、名古屋レジャーランドささしま店でプレイ)
2019年6月23日 1回プレイ
(タイトーステーション池袋西口店でプレイ)
2019年6月28日 1回プレイ
(セガ秋葉原3号館でプレイ)
2019年6月29日 2回プレイ
(セガ秋葉原3号館でプレイ)
2019年6月30日 3回プレイ
(セガ秋葉原3号館でプレイ)

■ロケテスト仕様

整理券配布 あり。
稼働台数 2台。
クレジット料金 1プレイ100円。2曲プレイ可。
ネシカ・アミューズメントIC使用
参加特典 あり。
・先着でオリジナルグローブが貰える。
アンケート回答後にランダムでキャラクターカード。
アンケート実施 あり。
Webで回答。バーコードをスマフォで読み込んで回答。
ロケテストノート設置 なし

■タイトーステーション池袋西口店より

   
店外の大型モニターに『テトテ×コネクト』プレイの様子を映していました。

■名古屋レジャーランドささしま店より

   

■セガ秋葉原3号館より(2019年6月30日追記)

     
左から2番目の写真は6月29日(土)、右から2番目の写真は6月30日(日)。
土日で待機列の導線を変えたり、日曜日はドロシィのポップを階段付近へ移動したりと、変えています。



タイトーさんの完全新作音楽ゲームです。大型モニターに現れるパートナーといっしょに楽しむ、これまでにないリズムゲームです。

・ロケテストバージョンのため、今後仕様変更が予想されます。
・画面撮影は許可されていましたが、動画撮影・録音は禁止です。
・2019年6月30日更新・追記箇所の文面は、赤字で記載しました。


   


■ロケテストのバージョンについて【2019年6月30日追記】

6月21日~23日:Ver.0.9.356-L
6月28日~30日:Ver.0.9.391-L

第2回のロケテストバージョンは、スラッシュ判定の調整を行ったとのことです。公式Twitterで、バージョンの件についてつぶやいています。

■テトテ×コネクト筐体について

【2019年6月30日追記】55インチの大型モニターが目をひきます。モニターの表面はツルツルとした感触で、素手でタッチ・スライド動作をしても特に違和感なく遊べると思います。手袋付けてプレイすると、より遊びやすくなります。

筐体下部に、ヘッドホン端子・ヘッドホンのボリューム・ネシカ/アミューズメントICカードリーダー・コイン投入口があります。ヘッドホンを付けてのプレイは、ケーブルが長くないとやりづらい印象があります。

 

■ゲームフローについて

  1. ネシカ・アミューズメントICカードをリーダーにかざして認証します。

  2. クレジットを投入して、GPを購入します。第1回ロケテストは、1クレジット60GP購入できました。1曲プレイで30GP消費しますので、2曲までプレイできました。



  3. パートナーを選択します。第1回ロケテストで選択できるパートナーは、3人から選択できます。

     

  4. パートナーの高さを調整します。画面左のバーをスライドすることで、高さを調整できます。プレイヤーの身長目安が表示されているので、それを参照しながら高さを調整できます。後で変更することは可能です。



  5. チュートリアルをプレイするか確認を促されます。『テトテ×コネクト』の遊び方を学ぶことができます。チュートリアルはスキップできます。

  6. メニュー画面へ推移します。「踊りに行く」(選曲画面へ移動)・「パートナー変更」ができます。ロケテストでは選択できませんが、「衣装変更」や「お知らせ」の確認など、各種機能が利用できそうです。

     

  7. ダンスプレイは、メニュー画面から「踊りに行く」を選択します。選曲画面へ移動しますので、楽曲選択・難易度選択をします。楽曲決定前に、ゲームプレイ時の設定変更ができます。楽曲決定後は、パートナーといっしょにポーズの練習をします。ダンス終了後にスコア等・判定等、リザルトが表示されます。

      

      

      

  8. 【2019年6月30日追記】2曲プレイ後、パートナー用のアクセサリ「メガネ」をゲットできます。いますぐ、パートナーにメガネをかけさせることが可能です。ロケテスト版は、これでゲーム終了です。
    なお、パートナーにメガネをかけさせても、次回プレイ時は反映されません。 このようなカスタマイズ要素は、製品版待ちとなりそうです。

      

     

■ダンスプレイの遊び方・ノーツの種類

パートナーと手を合わせてモニターにタッチします。ノーツの種類は、下記のとおりです。このゲームの特長として、パートナーと同じポーズを決めるシーンがあります。
  • ヒット:サークルがサークルが重なるタイミングでタッチします。
  • スラッシュ:矢印の方向へスワイプします。
  • ホールド:ゲージが無くなるまでタッチし続けます。
  • トレース:タッチしたままガイドに合わせて手を動かします。
  • ポーズ:パートナーと同じポーズを決めます。
 

■ゲームの仕様

  • ゲームの難易度は3種類(STANDARD・EXPERT・ULTIMATE)用意されています。
  • 画面に現れるノーツは、青色・赤色と表示が2種類です。青色のノーツは「右手」でタッチ、赤色のノーツは「左手」でタッチをするのが目安です。
  • 【2019年6月30日追記・更新】スコアは100万点満点です。スコアが90万点を超えるとリザルトでS判定をとれます。70万点以上がB判定、80万点以上でA判定がとれる模様です。
  • 【2019年6月30日追記・更新】楽曲のクリア条件は、画面左上のスコアの下に表示されているゲージの青色になっている箇所を超えるとクリアの模様です。目安、スコアが70万点を超えるとクリアとみなされるようです。難易度によってクリア条件目安のスコアは異なっている模様です。STANDARDは50万点を超えたあたりでクリア条件を満たしていた模様で、EXPERTは65万点以上が目安、ULTIMATEは70万点前後がクリア目安の模様でした。

■収録楽曲【2019年6月30日追記】

第1回・第2回ロケテストバージョンでは、合計10曲収録されていました。アニメ・ゲーム・ボーカロイド曲・東方アレンジ曲・オリジナル曲と、幅広く収録されていました。
曲名 アーティスト STANDARD EXPERT ULTIMATE
千本桜 黒うさP 3 5 6
TAKING OFF SATO(SANODG▶◀KATO[noisycroak]) 2 6 7
シュガーソングとビターステップ UNISON SQUARE GARDEN 2 5 7
Bad Apple!! feat.nomico Masayoshi Minoshima 2 5 8
ロキ みきとP 3 6 9
サンドリヨン (Cendrillon) 10th Anniversary シグナルP 1 4 6
ハッピーシンセサイザ EasyPop 2 4 7
POP TEAM EPIC 上坂すみれ 3 5 8
スクランブル交際 Deco*27 3 5 8
シャルル バルーン 2 5 8

■第1回・第2回のロケテストを振り返って

モニターが55インチのため、モニターの前に立ってプレイすると大きく感じます。グラフィックはとてもキレイで、パートナーの動き・表情ともにイキイキとした印象です。

ダンスプレイ時は、手袋を付けた方がやりやすく感じました。今回のロケテストでは『テトネ×コネクト』特製グローブを貰えましたが、グローブを付けてモニターに触ってみると適度に滑りやすく、スラッシュ操作・トレース操作がとてもやりやすかったです。

キャラクターの動きを見つつ適度に動きを合わせながらプレイすると、楽しく感じました。筆者は、左右に体を軽く揺らしながらプレイしましたが、十分に楽しさを感じました。ノーツの現れる位置がパートナーの動きに合わせて表示されるので、動きを見ながらプレイするとノーツもとりやすく感じました。慣れてきたら、ノーツをとる際に左手・右手を意識しながらプレイすると、パートナーとの一体感を感じました。

池袋のロケテストは、21日(金)夜にはタイトーの関係者・グルコスなどに楽曲提供しているアーティストさんが見に来ていました。22日(土)の夜は名古屋へ行きましたが、こちらは数回プレイをやりこんでいる人が目立ちました。最高難易度ULTIMATEで挑戦しているユーザーが目立っていました。

アーケード用の新しい音楽ゲームということで、私を含めて期待しているユーザーが多いと思います。改善点はいろいろあると思いますが、引き続き注目したいゲームです。

トップページへ