アーケードゲームロケーションテスト情報サイト

アリエスの小部屋

Since:2002年2月10日

更新:2020年1月19日 20:35

◆何かありましたら、下記メールアドレスへ

  • hiroyan◆gb3.so-net.ne.jp

※◆を@に直して送信してください


過去更新分

◆2019年のイベントレポート
◆2017年のイベントレポート
◆2016年のイベントレポート
◆2014年のイベントレポート
◆2013年のイベントレポート
◆2012年のイベントレポート
◆2011年のイベントレポート

◆ロケテストレポート

----2020年分----

----2019年分----

----2018年分----

----2017年分----

----2016年分----

----2015年分----

----2014年分----

----2013年分----

----2012年分----

----2011年分----

----2010年分----

----2009年分----

----2008年分----

----2007年分----

----2006年分----

----2005年分----

----2004年分----

----2003年分----

----2002年分----

----2001年分----

◆昔のイベントレポート

----2007年分----

----2006年分----

----2005年分----

----2004年分----

----2003年分----

----2002年分----

◆お世話になっているサイト

トピックス

2016年ロケーションテストスケジュール(最終更新日:2016年12月31日)
2015年ロケーションテストスケジュール(最終更新日:2015年12月31日)

2016年ロケーションテストスケジュールを作成しました。
2020年1月19日(日)

スクウェア・エニックス最新メダルゲーム『星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ』ロケテスト、2020年1月19日〜2月1日までタイトーステーション溝の口店で開催
ロケテストレポートを作成しました。

 

1月18日に「お披露目イベント」が開催され、19日からロケテストが始まりました。お披露目イベントと、19日のロケテスト両方行ってきました。
2020年1月12日(日)

◆タイトー『テトテ×コネクト』ロケテスト、2020年1月10日〜19日までタイトーステーションBIGBOX高田馬場店で開催
ロケテストレポートを更新しました。



2019年7月以来のロケテスト開催です。いろいろ変更点がありましたので、ロケテストレポートを更新しました。
2020年1月4日(土)

EXA基板新作『ギミック!EXACT☆MIX』ロケテスト、2019年12月27日〜2020年1月3日まで高田馬場ゲーセンミカドでロケテスト実施

 

EXA基板新作横スクロールアクションゲーム『ギミック!EXACT☆MIX』のロケテストが、高田馬場ゲーセンミカドで開催されました。

このゲームの元となっている『ギミック!』は、1992年に1月31日にサンソフトがファミリーコンピューター(ファミコン)で発売した横スクロールアクションゲームです。(ウィキペディアより)筆者はファミコン版未プレイでしたので、今回のアーケード版が初プレイとなりました。

このゲームは、道中にいろんな仕掛けが用意してあるアクションゲームです。最初のステージから難易度が高めで、初見プレイでミス無く進めるのはおそらく難しいゲームです。その代わり、何回もミスをすることで攻略パターンを覚えて、それを活かして攻略できるゲームともいえます。

アーケード版は、操作するスティックと4つのボタンを使ってプレイします。ボタンの内訳は、星のチャージ/発射ボタン・ジャンプボタン・アイテムセレクトボタン・アイテム使用ボタン、となっています。

4回プレイしましたが、先ほども書いたとおり最初のステージから難しくて何回もミスしてあっという間にゲームオーバーになりました。攻略パターンを覚えてクリアするゲームは昔何度も経験し、『ギミック!』もそういうゲームですので、やりがいのあるゲームだと思いました。

  
2019年12月1日(日)

東京2020公式オリンピック公式ビデオゲーム『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック アーケードゲーム』ロケテスト、11月19日から都内5箇所で開催

 

7月に開催されたロケテストに続いて2回目の開催です。家庭用版(ニンテンドースイッチ版)は、11月1日に発売されました。
今回、11月21日(木)に「セガワールド葛西」へ足を運んでプレイしました。


1. ゲームモードについて

アーケード版は、1人プレイ・2人プレイから選択します(最大4台まで連結できるようなので、4人まで遊べるようです)。次に、難易度をEASY・NORMALから選択します。EASYを選択するとアシストが付くようです。小さいお子さんや、あまりゲームが得意ではない人はEASYを選択すると遊びやすくなると思います。

キャラクターを選択します。デフォルトでは、12人から選択します。家庭用版ではもう少しキャラクターが用意されていますが、アーケード版に登場するかは今回のロケテストではわかりませんでした。

  

2. 競技選択・競技実施

競技は全4日間で開催されます。日にち毎に、競技を選択します。各競技を選択すると、最初にあそびかたの説明が表示されます。画面の説明を見ながら、実際にボタンを押したり体を動かして概要を掴むことができます。

あそびかたの説明が終わると、競技が始まります。競技が終わると、店内ランキング・全国ランキングの成績が表示されます。1日目の競技が終わったら、引き続き2日目・3日目の競技をこなしていきます。3日目の競技が終わると、ライバルが登場します。ライバルに勝利すると、全日程終了です。

 

 

3. 競技終了・成績リザルト

全日程の競技終了すると、表彰台にキャラクターがのぼります。また、全競技の成績が表示されます。ゲーム終了です。

 
2019年11月16日(土)

新作キッズゲーム『ちびっこキッチンカー』ロケテスト、タイトーステーションアリオ蘇我店で11月15日〜24日まで開催am-net様より)
※namcoラゾーナ川崎店でも稼働中→遊び方についてまとめています

2019年JAEPOの株式会社トラストブースで出展されていた『ちびっこキッチンカー』のロケテストが、タイトーステーションアリオ蘇我店で開催中です。15日に、アリオ蘇我店へ足を運んできました。

1. 筐体の外観・車の中の様子

街中で見られるキッチンカーを上手に表現した筐体です。車の中のハンドルは、もちろんまわすことができます。ゲームが始まると、キッチンカーの筐体が上下に動きます。

  

 

2. 遊び方

1プレイ200円で遊ぶことができます。

 

お客さんがお店にきて食べ物を注文します。注文と同じ食べ物を探して、食べ物と対応したボタンを押します。注文通りに食べ物を提供できると売上げ得点が入ります。最初のうちは食べ物の注文が1つですが、ゲームが進んでいくと2つの食べ物の注文・3つの食べ物の注文と、同時に頼んでくる注文の数が増えていきます。

  

ゲームが進んでいくと、ミニゲームに挑戦できます。今回は「ピザカット」に挑戦できました。

 

ゲームが全て終了すると、最後に結果発表で売り上げ得点が表示されます。

 
2019年11月4日(月)

◆タイトー新作メダルゲーム機『ダイノキングビクトリー』ロケテスト、10月30日〜11月10日まで「ラウンドワンスタジアム ららぽーと新三郷店」で開催 (am-net様より)

 

 

約10年前にリリースされていたタイトーのメダルゲーム『ダイノキング』シリーズの最新作登場です。『ダイノキングIII』が2008年稼働でした。11月2日(土)、ラウンドワンスタジアム ららぽーと新三郷店へ足を運んで実際にプレイしました。

1. 爆連システムと究極ビクトリーモードでメダルを獲得!

 

プッシャーポケットにメダルが入ると、スロットがスタートします。スロットの絵柄を揃うと入賞です。サークルポケットにメダルが入ると、画面右側のビクトリーゲージが上がっていき、このゲージが満タンになるとビクトリーモードに突入します。ビクトリーモードに突入すると、メダルを獲得できるチャンスが多くなります。ビクトリーモードはメダルをサークルポケットに入れていけば突入できるので、まずはビクトリーモードに入ってメダル獲得チャンスを得るのがこのゲームのポイントだと思いました。

2. 恐竜ジャックポット!

 

フィールドにあるボールを落としていき、合計7個のボールを落とすとダイノチャレンジに突入します。ダイノチャレンジは、3つのミニゲームのいずれかに挑戦します。ミニゲームをクリアすると、ジャックポット抽選権利を獲得できます。抽選は、センターのボール抽選機とサテライトの画面に表示されるルーレットで決定します。ジャックポットでメダル獲得時、恐竜の口からメダルが吐き出される光景は迫力満点です。

3. 100円投入でダイノチャレンジ再チャンス!



ジャックポットの抽選権利が得られるダイノチャレンジで万が一失敗しても、100円を投入するとコンティニューできます。もう一度、ダイノチャレンジのミニゲームに挑戦できます。なお、コンティニューしたミニゲームを失敗した場合は、再度コンティニューはできません。
2019年10月14日(月)

コナミ新作メダルゲーム機『スマッシュスタジアム』ロケテスト、10月11日〜15日まで「ユーズランド日の出店」で開催

  

これまで川崎などでロケテストが開催されましたがプレイする機会がありませんでした。今回、「ユーズランド日の出店」へ足を運んでプレイすることができました。

ゲームの基本的遊び方は、ボールを5つ落として「フィーバーラッシュ!」を目指します。「フィーバーラッシュ!」でうまくいくと「ジャックポットチャンス」に突入します。ここで大量メダルゲットのチャンスが生まれます。

  

ジャックポットまでいかなくても、スロットで数百枚単位のメダルをゲットできるチャンスが結構ありました。また、一定条件を満たして突入できるボーナスステージでさらにチャンスが生まれるので、通常遊んでいる範囲でもメダル獲得のチャンスはいたるところにありました。

今回は最初に250枚のメダルを借りてゲームを始めたところ、コンスタントにメダルをゲットできたりボールを5つ落として「フィーバーラッシュ!」に突入、「ジャックポットチャンス」に突入できたので、2時間たっぷり遊ぶことができました。また「ジャックポットチャンス」以外に、「ボーナスステージ」がとても楽しめました。「ボーナスステージ」突入時の演出と音楽でテンションが上がりました。

 

バンダイテクニカ『キッズサウルス』ロケテスト、「namcoラゾーナ川崎店」で10月10日〜10月23日まで開催
2020年3月稼働予定(am-net様より)

 

 

バンダイテクニカのゲーム機『キッズサウルス』のロケテスト開催ということで、台風明けの10月13日(日)にnamcoラゾーナ川崎店へ足を運んで遊んでみました。

このゲームは、画面上に現れる恐竜をタッチして追い払います。恐竜をタッチすると、1点得点が加算されます。恐竜が複数重なった状態でタッチすると、コンボで多くの得点が加算されます。

最初は恐竜の数も少なく動きも遅いので追い払いやすいですが、徐々に恐竜の動きが速くなって追い払いづらくなります。また、一度に画面上に現れる恐竜の数が多くなります。ただし恐竜が多くなる分、コンボで得点を多く稼げるチャンスがあります。

小さい子供さんでも遊べるよう、筐体の高さは低めです。大人が遊ぶ場合は、しゃがんで高さを合わせた方が遊びやすいと思います。画面の大きさは小さい子供さんがみると大きめに感じるので画面すみずみまでタッチするのは少し大変かもしれませんが、大人が遊ぶ分には画面いっぱいにタッチすることはできると思います。
2019年9月23日(月)

コナミカード販売機『カードコネクト』ロケテスト、9月21日〜23日まで開催
ロケテストレポートを更新(写真数点追加)しました。

 

第5回のロケテストが長野・名古屋で開催されました。9月22日(日)、アピナ松本店へ足を運んで『カードコネクト』触ってきました。
松本市内から少し離れた店舗でのロケテストでしたが、常時待ちが出来ている状態でカードコネクト目当てのお客が多かったこと。ボンバーガールカード目当ての熱心なプレーヤーさんがいたこと。
都市圏のロケテストに劣らない状況だったと思います。
2019年9月8日(日)

コナミカード販売機『カードコネクト』ロケテスト、9月7日〜8日まで開催
ロケテストレポートを更新(写真数点追加)しました。



第3回のロケテスト開催です。変更点は特にみあたりませんでした。8月の名古屋ロケテストと同じ模様です。
2019年8月31日(土)

『バブルンアタック!』ロケテスト、「タイトーステーションアリオ蘇我店」で8月28日〜9月3日まで開催

  

8月31日(土)、現地まで足を運んで5回プレイしました。

もぐら叩きゲームで、6つの穴から出るモンスターを叩きます。制限時間は、前半30秒・後半10秒の合計40秒です。モンスターを叩くと1点入ります。数回プレイして、92点が最高でした。

ちなみに、手前の穴から出てくるのが『バブルボブル』に登場した「ぜんちゃん」で、後ろの穴から出てくるのが同じく『バブルボブル』に登場した「まいた」です。
2019年8月18日(日)

exA-Arcadia専用タイトル『ニッポンマラソンターボ』ロケテスト、池袋ゲーセンミカドで8月18日〜24日まで開催

 

exA-Arcadia専用システムのゲームです。『ニッポンマラソン』は家庭用ゲーム機向けにも配信されていて、2018年12月にアークシステムワークスからPS4・ニンテンドースイッチで配信されました。

このゲームはOnion Soup Interactiveが開発したレースゲームで、「外国人から見た勘違い満載の日本」がテーマです。個性溢れるランナーが「ニッポン」のいろんなところを走り抜ける最大4人まで一緒に楽しめるレースゲームです。

家庭用版はストーリーモードをはじめ様々なモードが用意されていますが、アーケード版はシンプルにランナーを選択→コースを選択→レースへ、という流れでした。操作デバイスは、キャラクターを動かす操作レバーとボタン3つの構成です。

ゲームは道中にある障害物をよけながらゴールを目指しますが、ランナーの行動(道中にいる人を吹き飛ばす)によって人気の上下下落がおこったりと、普通のレースゲームとは一味違います。とはいえ、シンプルな操作で多人数で楽しめるゲームだと思います。

 

 
2019年8月9日(金)

コナミカード販売機『カードコネクト』ロケテスト、8月8日〜11日までコムテックタワー(名古屋)で開催
ロケテストレポートを更新しました。



第2回のロケテスト開催です。変更点は、購入できるカードのタイトル増加(クイズマジックアカデミー・麻雀格闘倶楽部)。カード印刷中にミニゲームが追加されました。
2019年7月28日(日)

東京2020公式オリンピック公式ビデオゲーム『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック アーケードゲーム』ロケテスト、7月26日〜28日まで都内2箇所で開催



今回のロケテストは、写真撮影禁止でした。

2016年開催のリオオリンピック時にもリリースされたマリオ・ソニックのオリンピックゲームが、東京2020仕様に併せて登場です。新筐体になっていて、いくつか変更点がみられました。


■リオオリンピック時の筐体と比較した変化について
  1. 筐体前面にあった2本のレバーがなくなりました。新しく、青色ボタン・黄色ボタン・赤色ボタンの3つのボタンがつきました。この3つのボタンを使って、アクション操作を行います。
  2. Aimeタッチポイントがなくなっていました。
ゲームのフローは、キャラクターを選択(ロケテスト版は8人から選択)→2日間の日程で競技種目をこなす→2日間の日程終了すると最終リザルト表示でゲーム終了、となっています。

今回体験できた競技種目は、東京2020で初めて実施される「スポーツクライミング」を加えた4つでした。
  • 100m走
  • 三段跳
  • 円盤投
  • スポーツクライミング
2019年7月15日(月)

コナミカード販売機『カードコネクト』ロケテスト、7月13日〜15日までGAMEシルクハット川崎ダイス店で開催
ロケテストレポートを作成しました。



7月13日(土)ロケテスト初日、当初は公式告知なしでロケテスト開催されましたが、追って告知がでました。IIDX27のロケテストに負けないぐらいの大人気で、大勢の人がプレイしていました。

『beatmania IIDX 27 HEROIC VERSE』ロケテスト、7月12日〜15日までGAMEシルクハット川崎ダイス店で開催
ロケテストレポートを作成しました。



7月13日(土)、プレイできました。最新バージョンも新要素が多く盛り込まれています。
2019年6月30日(日)

タイトー新作音楽ゲーム『テトテ×コネクト』ロケテストレポートを更新しました

 

第2回ロケテスト、秋葉原に足を運んでプレイしました。6月23日にアップロードしたロケテストレポートを更新しました。
2019年6月23日(日)

タイトー新作音楽ゲーム『テトテ×コネクト』第1回ロケテスト、タイトーステーション池袋西口店・名古屋レジャーランドささしま店で開催
ロケテストレポートを作成しました。

 

第1回目のロケテストが6月21日〜23日まで開催されました。21日・23日は池袋、22日は名古屋でプレイできました。ロケテストレポートを作成しました。
2019年6月9日(日)

「タイトーステーション秋葉原店」プライズコーナーでQRコード決済端末ロケテスト中

「タイトーステーション秋葉原店」の1Fプライズコーナーの一部機種に、QRコード決済端末が設置されています。QRコード端末は、7台のプライズ機に設置されていました。

今回対応している支払方法は、下記4つの電子マネーでした。中国で普及している電子マネー「ALI PAY」「Wechat Pay」にも対応しています。
決済端末の使い方は、最初に端末に表示されている金額を選択します。「コードをかざしてください」と表示されたら、電子マネーのスマフォアプリでバーコードを表示させて、端末の読み取り部分にバーコードをかざします。読み取り完了すると決済完了で、プライズ機にクレジットが投入されます。

   

   
2019年6月2日(日)

◆『電車でGO!! 新筐体・新モード』ロケテスト、「モーリーファンタジー 鎌ヶ谷店」にて開催中

このロケテストは公式非告知で開催されています。ロケテスト期間は明記されていません(少し前から稼働していたようです)。
復刻版のプレイ料金は、1プレイ200円(2クレジット)・コンティニュー200円(2クレジット)でした。また復刻版は、今回のロケテストバージョンではネシカを使ってのプレイはできませんでした。

  

  

  

  

 
2019年5月12日(日)

◆『maimaiでらっくす Ver.筐体試験中』ロケテスト、セガ秋葉原2号館・セガ秋葉原3号館・クラブセガ新宿西口で開催
ロケテストレポートを更新しました。

 

5月8日(水)からロケテストが始まった模様です。公式では非告知です。
筐体にスマートフォンスタンドが設置されたりと、2018年12月ロケテスト時・JAEPO2019出展時と変化が見られました。

下記動画は、筐体付属スマートフォンスタンドにスマートフォンを取り付けて撮影した動画です。



2019年4月21日(日)

タイトー新作パーティーゲーム『おまつりクエスト ヒッパレQ』ロケテスト、4月12日〜14日・4月19日〜21日まで開催
(2019年4月21日更新)ロケテストレポートを更新しました

 

2019年1月開催のJAEPO2019でお披露目されたパーティゲームです。

4月13日(土)「ゲームシティプラス川越店」。4月20日(土)「ユーズランド水戸内原店」。
4月21日(日)「ラウンドワンスタジアム ららぽーと新三郷店」、「namco横浜ワールドポーターズ店」へ足を運んでプレイしました。
2019年3月31日(日)

コナミ新作プライズゲーム機『トレジャーロード』ロケテスト、東京レジャーランド秋葉原2号店等で開催

3月28日〜31日までロケテストが開催された「東京レジャーランド秋葉原2号店」の様子を見てきました。景品は「ロルフ レアチーズケーキ」とフィギュアでした。

   
2019年3月30日(土)

コナミ新作プライズゲーム機『極寒ヒエヒエペン太』ロケテスト、千葉・埼玉の店舗で3月31日まで開催

3月27日〜31日まで、レジャラン スーパービバホーム新習志野店。3月29日〜31日まで、ラウンドワンスタジアム ららぽーと三郷店の2箇所で開催されています。この2店舗に足を運んでみました。

1. レジャラン スーパービバホーム新習志野店の様子

  • 店頭入口付近に設置されていました。
  • とれるアイスは、ハーゲンダッツ・ピノの2種類でした。
  • ハーゲンダッツを食べる際のスプーンは、スタッフに声を掛けてゲーム機内から出してもらいます。
  • ヒエヒエペン太の筐体付近には、食べ終わったアイスのカップ・袋・スプーン等をを捨てるゴミ箱はありませんでした。
  • クレジットは1プレー100円、4プレー300円の2パターン用意されていました。
   

  

2. ラウンドワンスタジアム ららぽーと新三郷店の様子
  • 店頭入口付近に設置されていました。
  • とれるアイスは、ハーゲンダッツのみでした。それ以外はアイスではなく、チロルチョコ・GODIVAのスティックチョコといった、チョコ菓子が入っていました。
  • ヒエヒエペン太の筐体付近には、食べ終わったアイスのカップ・袋・スプーン等をを捨てるゴミ箱はありませんでした。
  • クレジットは1プレー100円のみで運営していました。
  • 筐体付近・店舗内をみてまわりましたが、『極寒ヒエヒエペン太』のロケテスト表記は見当たりませんでした。
  

 
2019年3月21日(木)

セガ アミューズメント施設専用公式アプリ『SEGAプラトン』試験サービス開始
レポートを作成しました。

2019年5月下旬まで都内3箇所のセガ店舗で、「SEGAプラトン」を利用したサービスが始まりました。実際に使ってみましたので、ちょっとしたレポートをまとめてみました。
2019年3月17日(日)

コナミ新作プライズゲーム機『トレジャーロード』ロケテスト、GAMEシルクハット川崎ダイス店で3月14日〜17日まで開催

1月開催のJAEPOで一般にお披露目されたプライズゲーム機です。

遊び方は、コインを入れてボタンを押すとランプが流れます。狙いのベルトコンベアを定めてボタンを押してランプを止めます。
止まったランプの数に応じて、ベルトコンベアが動きます。ランプの数は、「1個」「3個」「5個」の3種類です。5個のランプに止まれば、大きくベルトコンベアを動かすことができます。

JAEPOではプレイできなかったので今回が初挑戦でした。ランプの流れが速いので、狙ったところを止めるのは難しかったです。とはいえ、目押しでもいけるでしょうか?

  

 

   


コナミ新作プライズゲーム機『極寒ヒエヒエペン太』ロケテスト、GAME PIA川崎モアーズで3月14日〜17日まで開催

1月開催のJAEPOで一般にお披露目されました。2018年も複数回ロケテストが開催されていたようですが、JAEPOでお披露目されたバージョンをブラッシュしたものでしょうか?

アイスは、Pinoとハーゲンダッツが入っていました。Pinoは小さいのでアイスをゲットできる穴に比較的に入れやすかったですが、ハーゲンダッツはすくったときの位置がうまく合わないと、穴にいれるのは難しく感じました。

  

  

  

   
2019年3月10日(日)

『アカとブルー タイプレボリューション』ロケテスト、3月8日〜17日まで開催

  

  

 

秋葉原Hey・namco松戸店・アピナ大宮店の3箇所で開催です。Hey・アピナ大宮店の2箇所に行ってプレイしました。

Heyは、筐体の両脇に主人公のキャラクターポップが飾ってありました。アピナ大宮店は、筐体の脇に『アカとブルー タイプレボリューション』のフライヤーが置いてありました。
数回プレイしましたが、1ステージクリアが1回だけと、歯ごたえある弾幕シューティングゲームです。

リリース中のスマフォ版はプレイしたことありますが、JAEPOでプレイしたときも感じましたがアーケード版は難しくなっていると思います。
アーケード版はスマフォ版から調整しているようなので比較できませんが、スマフォ版をやりこんだユーザーにも楽しめる内容になっていると思います。


  
2019年2月24日(日)

『クイズマジックアカデミー 奇跡の交叉』ロケテスト、2月22日〜24日まで開催
ロケテストレポートを作成しました。

 

2月23日〜24日、現地でプレイしました。今回のロケテストでは、協力モードで他のプレーヤーとパーティーを組んでクイズバトルに挑みました。

◆『オールネットプラスマルチ3』ロケテスト、2月22日から都内3箇所で開催
ロケテストレポートを作成しました。

 

2月22日から、セガ秋葉原1号店・クラブセガ新宿西口・セガ神楽坂で、『オールネットプラスマルチ3』のロケテストが始まっています。
筐体周りや『ぷよぷよeスポーツ アーケード』の写真を多めに撮ってアップしました。
2019年2月23日(土)

「セガワールド大森」にて『オンゲキ』サイドボタン用クッションロケテスト開催

 

 

実際に触ってみました。クッションは2パターンあります。クッションの厚みは見た目通り、厚みはなく薄いです。もちろん、直接サイドボタンに触れるよりは多少なりとも手の負荷軽減に貢献していると思います。

アンケートをみると、店舗が設置しているクッション(厚みがあるクッション)との比較項目がありました。
2019年2月17日(日)

マーベラス新作リズムゲーム『WACCA』ロケテスト、2月15日〜17日までアピナ長野川中島店で開催
ロケテストレポートを更新しました。



2月16日(土)、長野へ行ってきました。10時の開店直後から、WACCA目当てのプレーヤーさんが駆けつけてプレイしていました。

午前中は、人が途切れることなくプレイしている光景を見ることができました。
プレイ光景を見ていて、皆さんリズムゲームに慣れている人が多かったので、既存リズムゲームに慣れているユーザーが多かったと思います。
2019年2月11日(月)

ジャパンアミューズメントエキスポ2019のレポートをアップしました

2019年1月25日〜27日まで幕張メッセで開催された「ジャパンアミューズメントエキスポ2019」のレポートをアップしました。

アップしている写真は、主に1月25日(招待日)で撮影したものが多いです。
2019年2月3日(日)

『けものフレンズ3 プラネットツアーズ』ロケテスト、セガ秋葉原3号館で2月2日〜3日まで開催

  

  

ロケテスト初日の2月2日、様子を見に行きました。9時30分時点で約53人並んでいました(下記写真がその様子)。
ロケテスト開始後、『けものフレンズ3』が稼働してある5Fフロア(音楽ゲーム・キッズカードゲーム設置のフロア)は大勢の人が集まっていてロケテストの様子を見ていたり、様子を写真撮影していました。


2019年1月14日(月)

バンダイナムコアミューズメント『ジョジョの奇妙な冒険ラストサバイバー』ロケテスト開催
ロケテストレポートをアップしました。

ジョジョロケテストポスター

第1回のロケテストは、1月12日〜14日まで連日新宿へ足を運んでプレイしました。ロケテストレポートも併せてアップしました。

バンダイナムコテクニカ『スーパーパニックボール』ロケテスト、ラウンドワン横浜駅西口店で開催中

   

対戦型のピンボールゲームです。1プレイ200円で対戦プレイが楽しめます。

たくさん出てくるボールを、両サイドのフリッパーで打ち返します。また、ディフェンスボタンを使って相手のボールをガードできます。