アーケードゲームロケーションテスト情報サイト

アリエスの小部屋

Since:2002年2月10日

更新:2016年9月19日 17:40

◆何かありましたら、下記メールアドレスへ

  • hiroyan◆gb3.so-net.ne.jp

※◆を@に直して送信してください



過去更新分

◆2016年のイベントレポート
◆2014年のイベントレポート
◆2013年のイベントレポート
◆2012年のイベントレポート
◆2011年のイベントレポート

◆ロケテストレポート

----2016年分----

----2015年分----

----2014年分----

----2013年分----

----2012年分----

----2011年分----

----2010年分----

----2009年分----

----2008年分----

----2007年分----

----2006年分----

----2005年分----

----2004年分----

----2003年分----

----2002年分----

----2001年分----

◆昔のイベントレポート

----2007年分----

----2006年分----

----2005年分----

----2004年分----

----2003年分----

----2002年分----

◆お世話になっているサイト

 
トピックス

2016年ロケーションテストスケジュール(最終更新日:2016年7月3日)
2015年ロケーションテストスケジュール(最終更新日:2015年12月31日)

2016年ロケーションテストスケジュールを作成しました。7月3日時点で判明しているものについて加筆しました。
9月19日(月)

カプコン、アーケード向けVRアトラクション『大怪獣カプドン』、9月16日からプラサカプコン吉祥寺店で期間限定稼働開始

 

9月16日(金)から、プラサカプコン吉祥寺店で期間限定のVRアトラクションが稼働開始しました。9月17日(土)に様子を見に行きました。

このゲームは、自分が大怪獣になって暴れ回ることができます。プレイスペースは、靴を脱いであがります。荷物を置く場所が用意されていたり、連れの人が待っている間のクッションイスが用意されていました。

プレイ時はヘッドマウントディスプレイ・ヘッドホンを装着、さらにコントローラーが取り付けられたサンダルを履きます(サンダルはサイズが複数用意されていました)。手には、コントローラーを持ちます。コントローラーは有線接続されており、天井の柱とつながっています。そのためプレイ時は、スタッフさんがケーブルを持ちながらサポートしていました。

様子を見に行った当日は取材が入っていて、実際にプレイしている様子を撮影していました(取材媒体はわかりませんでした)。また、プレイしている方も見られました。筆者は今回プレイしなかったので、実際の感触等はわかりませんでした。


  
一番左の写真は、VRプレイスペースです。受付に整理受付のタブレットと、整理券を発行するプリンターが設置。上のほうをみると、待ち状況とプロモーションムービーが流れています。
9月16日(金)

『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル 〜after school ACTIVITY〜』、東京ゲームショウ2016に出展
ロケテストレポートを更新しました



アーケード版『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル 〜after school ACTIVITY〜』が東京ゲームショウ2016のブシロードブースに出展されました。15日、現地に足を運んで実際にプレイしてきました。ビジネスデーとはいえ、大勢の人が並んでいました。

ゲームがプレイできるサテライト筐体が3台の展示でした。カードを印刷できるセンター筐体は、今回展示されていません。15日はロケテスト版同様、2曲までプレイすることができました。ゲーム内容は、おそらく8月のロケテストバージョンと同じものと思われます。

以前まとめたロケテストレポートに、東京ゲームショウの分を反映させました。特に、収録曲の難易度数値が5月ロケテスト時のままでしたので、確認のうえ修正しました。
9月11日(日)

『ノスタルジア』第2回ロケテスト、8月26日〜9月4日まで開催
ロケテストレポートを更新しました



少し時間がたちましたが、『ノスタルジア』の第2回ロケテストが東京・大阪で開催されました。変更点等を、ロケテストレポートに反映させました。
8月28日(日)

『REFLEC BEAT』最新作、『悠久のリフレシア』ロケテスト、8月26日〜28日までシルクハット川崎ダイス店で開催
ロケテストレポートをアップしました



『REFLEC BEAT』最新作はファンタジー風ロールプレイングゲーム?26日〜28日の3日間、それぞれ1回ずつプレイすることができました。

夏のプレイイベント『スクフェスAC サマースクールアクティビティ2016』の第2回が群馬・長野・香川で開催

8月26日〜28日の3日間、『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル 〜after school ACTIVITY〜』が体験できるプレイイベントが開催されました。沼津に続いて、第2回目のイベントです。

このプレイイベントに参加するため、27日(土)群馬県「ラウンドワンスタジアム前橋店」へ行ってきました。簡単ですが、様子等をまとめてみました。

  
ラウンドワンスタジアム前橋店に置いてあったロケテスト告知とμ'sメンバーのノボリです。

ロケテストは2Fで開催されていました。公式の告知通り、サテライト筐体は3台・センター筐体1台設置していました。ゲームプレイの待機列と、カード発行できるセンター筐体の待機列を2つに分けていました。

到着時の13時20分頃はゲームプレイは8人待ち、センター筐体は10人待ちでした。これまでのロケテストと比較するとだいぶ落ち着いた人数でした。センター筐体はメンバーガチャを最大9クレジットまで許可していたのと1台設置の影響で、ゲームプレイよりカード発行のほうが待ち時間が長かったと思います。ゲームプレイはサテライト筐体が3台あってさらに待機列が短かったので、プレイ後にもう一度並び直せば比較的待たずにプレイできました。今回はこれまでのようにスクウェア・エニックスのスタッフはついておらず、プレイ後のアンケート回答後に貰えた粗品は用意されていませんでした。

これまでより落ち着いたロケテストとはいえ、熱心なユーザーが多く集まっている印象を受けました。
8月21日(日)

夏のプレイイベント『スクフェスAC サマースクールアクティビティ2016』が沼津で開催
ロケテストレポートを更新しました

8月19日〜21日の3日間、『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル 〜after school ACTIVITY〜』が体験できるプレイイベントが「ザ・サードプラネットBiVi沼津店」で開催されました。静岡県沼津といいますと、現在アニメ放映中の『ラブライブ!サンシャイン!!』の舞台でもあります。

このプレイイベントに参加するため、20日(土)沼津へ行ってきました。簡単ですが、様子等をまとめてみました。

  
BiViの1Fにあったロケテスト告知とμ'sメンバーのノボリです。また、優先プレイの整理券です。

■開店前の様子について

6時56分発の「こだま」に乗って東京から三島まで移動し、三島から東海道線に乗り換えて沼津へ到着したのが8時5分でした。イベントが開催される「ザ・サードプラネットBiVi沼津店」は、北口を出たところにあるショッピングモール「BiVi NUMAZU」内の3Fにあります。ビルに入ると、整理券なしの一般プレイの待機列ができていました。数えてみると、約30人いました。エスカレーターで3Fまでいくと、スタッフさんが優先プレイの整理券を配布していました。貰った整理券をみると、13時〜14時台でした。今回は、整理券なしでプレイできる一般待機列が用意されていました。一概に比較できませんが、5月に行われたロケテストと比較すると設置台数が多いこともあって余裕がありました。店頭前には、9時の開店を待っている人たちがたくさん集まっていました。

■追加要素について

5月のロケテストバージョンと比較して、楽曲プレイ時の改善点がありました。個人的には、プレイ画面の明るさを暗くしてリズムアイコンを見えやすくする、が大きな改善点でした。5月のロケテストバージョンでは、リズムアイコンと背景色が重なってプレイしていて見づらかったので、アンケートに改善点として記入しました。今回は、明るさ補正を3段階で調整できるようになりました。一番暗くしてプレイしましたが、以前までのような見づらさは感じませんでした。

他にも、リズムアイコンの速度が5段階で調整できるようになりました。5月のロケテストバージョンでは、難易度が高い曲はリズムアイコンが速く、難易度が低い曲は遅かったのですが、今回は自分にあった速度でプレイできるようになりました。

公式のTwitterアカウントでは、楽曲譜面の見直しについて言及していました。

■カードについて

カードの周りに縁が付くようになりました。下の写真の右は5月ロケテスト時のカード、左は今回のバージョンで排出されたカードですが、比較すると一目瞭然です。また、プロフィールカードも周りに縁が付いていました(実際に見せてもらいました)。縁が付いたことで、絵柄がキレイに収まっているように見えます。



■まとめ

都心からちょっと離れた場所で行われたプレイイベントですが、5月のロケテストと負けないぐらい賑わっていました。一般プレイの待機列・メンバーガチャ専門のセンター筐体(最大900円までメンバーガチャがひける)共に、行列が絶えませんでした。設置台数が圧倒的に多くなったのでプレイしやすかった、というのはとても良かったです。店頭入口に筐体が設置されていたので、とても目立ちました。

夏休みを利用してきている人も多かったと思いますが、なかには『ラブライブ!サンシャイン!!』の聖地巡礼をかねて来ていた人もいたと思います。プレイイベントと観光を両方楽しんだ人もいたのではないでしょうか?

引き続きプレイイベントは開催される予定とのことですが、機会があれば次回も現地へ足を運んでみるつもりです。
8月7日(日)

『頭文字D ARCADE STAGE Zero』プレロケテスト、8月4日〜7日まで開催

セガの人気レースゲーム『頭文字D』シリーズ最新作のプレロケテストが都内3カ所で行われました。新筐体・キャラクター/BGMを新劇場版へ一新等、新しく生まれ変わりました。

6日・7日、秋葉原で合計5回プレイ(6日4回、7日1回)しました。すでに、何回もやりこんでいる人が見受けられ、ユーザーの関心度が高いことが伝わります。スマートフォンサイトを利用したアンケートだけではなく、自由に意見が書き込めるノートも用意されていました。

普段ドライブゲームはあまりやらないのですが、今回のロケテストで久しぶりに『頭文字D』シリーズをプレイしました。モニターはこれまでよりサイズが大きくなり(32インチから42インチ)、解像度もフルHDになったということで、モニターから迫力が伝わりました。ハンドルが従来よりも小さくなったとのことですが、普段プレイしているわけではないので違いがわかりづらかったですが、ハンドル操作はやりづらさは感じませんでした。

ロケテスト最終日は、秋葉原では時間帯によっては14人待ちと、かなり集まりました。先ほどやりこんでいる人がいると書きましたが、プレイ後に再び並び直している人も見受けられました。

  
プレイ後のアンケートに回答すると貰える団扇・ステッカー・クリアファイルです。団扇は、両面違うイラストでした。クリアファイルのイラストは、団扇のイラストと同じです。

 
クラブセガ新宿西口店では、設置してある地下フロアへ降りる階段の途中に、ロケテスト告知のビラが何枚も貼ってありました。プレ・ロケテストのプレイルール等を説明したビラが、いろんなところに貼ってありました。
7月31日(日)

バンダイナムコゲームス『リアルドライブ』、7月29日〜10月31日までnamcoラゾーナ川崎店で期間限定設置

東京・台場で開催されている『VR ZONE Project i Can』で設置されていた体感マシン『リアルドライブ』が、場所を川崎へ移して期間限定稼働です。お台場では触ったことなかったのですが、今回7月30日に足を運んで実際にプレイしました。

今回のプレイは1回だけでしたが、スタッフさんの説明やチュートリアルをプレイして操作方法を理解、あとは実際にプレイしながらこのゲームならではの要素を理解しました。『戦場の絆』同様、平面ではなく視界が広いスクリーンのため、没入感が違いました。操作感覚も、車そのものではないでしょうか?(ちなみに、私は運転免許持っていないので、車の運転経験はありません)。

今回は1回だけだったので、機会を見つけてもう少しプレイしてみたいと思います。1プレイ500円とはいえ、触ってみる価値があるゲームだと思いました。

  

  
7月24日(日)

コナミBEMANIシリーズ最新作『ノスタルジア』ロケテスト、7月22日〜31日まで開催
ロケテストレポートをアップしました



7月23日、大阪へ遠征してプレイできました。現時点でまとめられる範囲内でレポートをアップしました。
7月18日(月)

コナミ『フォーチュントリニティ』シリーズ最新作『フォーチュントリニティ3』ロケテスト、7月15日からGAME PIA 川崎モアーズで開催

『フォーチュントリニティ』シリーズ最新作のロケテストが開催中です(公式では告知されていません)。『2』が2012年12月稼働なので、3年数ヶ月ぶりに最新作がお披露目された格好でしょうか。

メダル連続投入機「オートエントリーユニット」の搭載。新しい「ジャックポットチャンス」。「ゴールボーナス」の復活等、新要素や復活要素が見受けられます。


  

  

  
7月16日(土)

コナミ『モンスターゲート』シリーズ最新作『エルドラクラウン』ロケテスト、7月8日〜18日までスポーツウェーブ鉄腕24浜野店で開催

現在稼働中『エターナルナイツBRAVE』の次回作にあたる最新バージョンのロケテストが開催中です(公式では告知されていません)。

自分だけの王国を建設する「キングダム」、新モンスター登場、職業バランスの調整(トレジャーハンター弱体化?)など、いろいろ新要素満載の模様です。